サンディスクよくある質問(ビデオ)

定義

HDビデオ

高精細ビデオ(HDビデオ)とは、標準解像度ビデオより品質・解像度ともに高いビデオを指します。1080p HDビデオの場合の解像度は1,920 x 1080ピクセルです。ビデオへの対応は、ホスト機器、ファイルの属性、その他の要因によって変化する場合があります。

 

フルHDビデオ

フル高精細ビデオ(フルHDビデオ)とは、HDビデオより品質・解像度ともに高いビデオを指します。1080pフルHDビデオの場合の解像度は1,920 x 1,080ピクセルです。ビデオへの対応は、ホスト機器、ファイルの属性、その他の要因によって変化する場合があります。

 

4K/4K超HDビデオ

4K解像度は超高精細(UHD)に分類され、解像度、色彩、フレームレートにおいてHDを上回ります。4K解像度とは、およそ4,000ピクセルの水平解像度を有するディスプレイデバイスまたはコンテンツを指します。具体的には、4K解像度はTrue 4Kと4K UHDに分類できます。True 4K(4K x 2K)の解像度は4,096 x 2,160ピクセルです。4K UHDの解像度は横3,840ピクセル、縦2,160ピクセル以上です。これは縦横ともに1080p画面の2倍の解像度です。

デジタルテレビやデジタル撮影の分野では、数種類の4K解像度が存在します。映画プロジェクション業界では、DCI(Digital Cinema Initiative)が4K標準として最もよく使われています。ビデオへの対応は、ホスト機器、ファイルの属性、その他の要因によって異なる場合があります。4K UHDは家庭用テレビ画面で一般的に使用されており、またハイエンドのスマートフォンやカメラで標準となりつつあります。一方True 4Kは、一部のプロジェクターや多くのプロ用カメラで使用されています。 

4Kが登場したことで、家庭向け解像度は、標準解像度(480p/540p)、高解像度(720p)、フル高解像度(1080p)、超高解像度(2160p)の4種類になりました。

ビデオスピードクラス

ビデオスピードクラスには スピードクラス 、UHSスピードクラス、およびビデオスピードクラスの3種類があります。これらのスピードクラスにおいて、ビデオ録画に必要な最低持続書き込み速度を設定することで、ビデオカメラやカメラに最低限必要な一定の速度を実現します。撮影したビデオのクオリティと互換性のないカードでは、フレーム落ちや記録エラー、余分なノイズの混入などの問題が発生する場合があります。ビデオスピードクラスの互換性エラーについては、下記を参照してください。

フレーム落ち

 

記録エラー

スピードクラスはC2、C4、C6、C10、UHSスピードクラスはUHSスピードクラス1、UHSスピードクラス3で表示されます。最新のビデオスピードクラスは、複数のビデオストリーム、350度キャプチャ、VRコンテント、または8Kかそれ以上の解像度のビデオ撮影に対応する目的で作られました。ビデオスピードクラスはV10、V30、V60、V90で表示されます。ビデオスピードクラスが上がると、対応するビデオの解像度も上がります。 

カードのクラスが上がると、高ビットレートのビデオや、より高品質のビデオ録画に対応します。サンディスクのクラス4メモリーカードはHDビデオのキャプチャに適しています。またクラス10、UHSスピードクラス1、UHSスピードクラス3メモリーカードはフルHD・4K超HDビデオのキャプチャに対応します。推奨スピードクラスについては、お持ちのカメラ/ビデオカメラをご確認ください。

コンパクトフラッシュカードについては、 Video Performance Guarantee (VPG)をご覧ください。VPG-20はVideo Performance Guaranteeに対応しており、最低持続書き込み速度20MB/秒でのビデオ録画が可能です。VPG-65はVideo Performance Guaranteeに対応しており、最低持続書き込み速度65MB/秒でのビデオ録画が可能です。ホスト機器によっては、性能が低下する場合があります。1MB=100万バイト。

スピードクラス UHSスピードクラス ビデオスピードクラス 持続書き込み速度 ビデオ録画品質
- - 90MB/秒1 8K+ ビデオ
- - 60MB/秒1 8K+ ビデオ
- 30MB/秒1 4K UHDビデオ
10MB/秒1 フルHDビデオ
- 6MB/秒1 フルHDビデオ
- - - HDビデオ
- - - SDビデオ

容量グラフ

機器メーカーは異なる圧縮コーデック(MPEG-4、H.264など)やビットレートを使用するため、ファイルサイズも異なります。詳細については、ホスト機器のマニュアルをご覧ください。

 

 

 

開示情報

1. UHSスピードクラス1は、UHS対応ホスト機器におけるリアルタイムビデオ録画に対応したパフォーマンスオプションを規定します。UHSスピードクラス3は、UHS対応ホスト機器におけるリアルタイムビデオ録画に対応したパフォーマンスオプションを規定します。