プレスリリース

サンディスク社、 LG Electronics社のSecure Portable MP3 Audio Playersに同梱する32MBマルチメディアカードを提供

1999年 03月 22日

Secure Portable Internet Audio Players用着脱式フラッシュメモリーカード
サンディスクのマルチメディアカードは世界最小で最大容量

1999年3月23日(米国本社発表)

1999年3月23日ドイツ、ハノーバー™サンディスク社(NASDAQ:SNDK)は今日、LG Electronics社の新製品AHA-A1F及び AHA-A2F Secure Portable MP3 Audio Playersで使用する32MBのマルチメディアカードを同社に提供することを発表した。本発表は、サンディスクが出展している(Hall13、Stand C-41)CeBIT'99 trade showで行なわれた。

「サンディスク社は、新しい32MBマルチメディアカードの発表により、MP3インターネットミュージックプレーヤー市場のニーズに応えていく上で重要な地位を確立した。」と語るのはサンディスク社ワールドワイドセールス・マーケティング部シニア副社長のレオン・マルメッド。同氏は「LG Electronics社がサンディスクのマルチメディアカードを採用したのは、この製品がMP3 ポータブルプレーヤーにとって理想的なソリューションであるからだと確信している。マルチメディアカードは、下位/上位互換性の保証、著作権保護機能など、ポータブル MP3 デジタル オーディオ プレーヤー市場の業界標準メモリーカードとなりうる要素を持っている。」と話す。

この新しいポケットサイズ ポータブル デジタルオーディオプレーヤーズには、マルチメディアカード専用スロットが2つある。これにより、CDの音質に近い音楽を60分間ほど再生できる64MBまでのストレージが可能となる。両モデルとも、ワールドワイドデジタル FM チューナー、フルファンクション LCDリモコンを備えており、DOS/Windowsファイル形式で標準ファイル移動ができるように設計されている。AHA-A1Fモデルでは、デジタル音声メモ録音も可能であり、高品質ミュージックプレーヤーとしてばかりでなく、デジタル音声レコーダーとしての機能も持つことになる。

マルメッドは、「マルチメディアカードを使用するポータブルミュージックプレーヤーの特筆すべき点は、ポータブルCD プレーヤーのように、ジョギングやその他運動中に使用しても音が飛ばないということである。また、マルチメディアカードなら何度でも上書きをすることができ、カセットテープのように擦り切れてしまうこともない。」と付け加えた。

LG Electronics社VCR OBU マルチメディア部の副社長であるジョン・クワン・ソー氏は、「我々がサンディスク社製品を採用したのは、同社がフラッシュメモリーテクノロジー分野において実績を上げている先駈的存在であるからだ。消費者と同様、我々もより高い容量を求めていたが、サンディスクはマルチメディアカードでこのニーズに応えてくれた。この市場が爆発的に伸びることは確かであり、データ、画像、オーディオストレージのフラッシュメモリー市場におけるリーダーであるサンディスク社と協力し、2つのsecure portable music playersを売り出していきたい。これら製品は必ず世界中で人気商品となるはずである。」と語った。

サンディスクのマルチメディアカードは日本、欧州の小売店で5月上旬より発売される。その他の国での販売は今夏に予定されている。当初希望小売価格は4、8、16、30MBがそれぞれ$40、$50、$80、$130の予定。

世界最大手のフラッシュデータストレージ製品の供給元であるサンディスク社(本社:米国カリフォルニア州サニーベール市)の製品は、同社が特許を取得した高密度フラッシュメモリーおよびコントローラー技術を駆使し、現在の業界標準となっており、その独自の特許技術をもとに、ソリッドステートデータ製品、デジタルイメージ製品、及びオーディオ製品等に使用されるフラッシュメモリー製品を設計・製造・販売しています。」

SanDiskおよびSanDiskのロゴは、サンディスク社の登録商標です。CompactFlashおよびCF、ImageMate、SecureMateは同社の商標です。その他全ての商標及び登録商標は各所有者に帰属します。また、仕様及び製品機能は、予告なしに変更されることがあります。


サンディスク株式会社
横浜市港北区新横浜2-17-19 日総15ビル

 

メディア連絡先

サンディスクのプレス連絡先

press@sandisk.com