プレスリリース

SDメモリーカード、マルチメディアカードを1台でダブルサポート型の周辺機器を発表「SecureMate™」

2001年 03月 22日

SDメモリーカード、マルチメディアカードを1台で
ダブルサポート型の周辺機器を発表

「SecureMate™」

2001年3月23日(米国本社発表)

2001年3月23日 ドイツ・ハノーバー発──
フラッシュデータストレージ製品の開発と販売を手がける、サンディスクコーポレーション(SanDisk Corporation、本社:米国カリフォルニア州サニーベール市、社長兼CEO:エリ・ハラリ、Nasdaq:SNDK)は、セキュアデジタル(SD)メモリーカードとマルチメディアカード(MMC)の2つのフラッシュメモリーカード規格に対応する、データ読み込み書き込み機器(メモリーカードリーダー/ライター)の新製品を発表しました。

製品名は「SecureMate™」。価格はオープンです。製品についての詳細は、サンディスク株式会社(日本)マーケティング部 TEL 045-474-2401 まで。

SDメモリーカードやマルチメディアカードは、小型大容量の記録メディアとして、デジタルスチルカメラ、デジタルムービーカメラ、MP3などの半導体オーディオ、ハンドヘルドコンピュータ、携帯電話など、さまざまな情報機器への普及が進んでいます。
メモリーカードリーダー/ライターは、メモリーカードに収められた画像や音声などのデータをパーソナルコンピュータに転送したり、また、パーソナルコンピュータで編集制作したデータをメモリーカードに転送することのできる周辺機器として、近年、着実に需要が伸びています。
サンディスクが発表した「SecureMate™」は、SDメモリーカードとMMCの2つのカード規格を自動識別するよう設計されており、ユーザーはカードをスロットにセットするだけで、1台で簡単に2規格のメモリーカード利用ができるようになります。また、接続の容易さなどで世界的に普及が進むUSBポートを用いているため、多くの情報機器をサポートでき、メモリーカードの利便性を高めていることも特長です。

これまでサンディスクでは、メモリーカードリーダー/ライター製品のシリーズとして「コンパクトフラッシュ タイプⅠ/Ⅱ用」「マルチメディアカード用」「スマートメディア用」など、カード規格ごとに製品化(コンパクトフラッシュのみタイプⅠ/Ⅱ共用スロット装備)してきました。今回フ「SecureMate™」は、異なった規格(SDメモリーカード/マルチメディアカード)を同時にサポートするもので、サンディスクブランドとして、はじめての製品化となります。

サンディスク社 ワールドワイド・マーケティング&セールス部門上級副社長のネルソン・チャンは、ドイツ・ハノーバー国際見本市会場で始まった「セビット-- CeBIT」ショー会場(3/22-28)にて、
「SDメモリーカードやマルチメディアカードの普及に伴い、昨年来、メモリーカードの利用をより便利にする周辺機器のニーズが高まってきている。この「SecureMate™」も、第2四半期までには、日本を含め世界各国最大約2万店の店頭に並ぶだろう。SDメモリーカードは、昨年の日米市場での発表、今年に入っての北米、そして、この「CeBIT」ショーを皮切りとしたヨーロッパ市場での本格的な発表など、ワールドワイドな市場が立ち上がろうとしている。これまでは、話題性の先行が目立ったが、SDメモリーカードをサポートする情報機器は増々拡大している。SDメモリーカードによる劇的な変化はまだ始まったばかりだ。また、2001年2月現在、マルチメディアカードは、デジタルオーディオ機器で103機種、デジタルムービーカメラで15機種、携帯電話で4機種、その他6機種で採用されており、世界中に普及している有力なメモリーカード規格の一つだ。日本ではデジタルムービーカメラ、ヨーロッパでは携帯電話などでの利用が早くから進んでおり、現時点での市場規模からみればSDメモリーカードより大きい。この2つのメモリーカード規格を同時にサポートする「SecureMate™」は、コンパクトフラッシュ™やスマートメディアといったサンディスクの製品ラインに加え、SDメモリーカードやマルチメディアカードの製品ラインを充実・拡充する注目すべき新製品だ。」 と、コメントしています。

【製品概要】

製品名 SecureMate™
接続 USBポート
外見寸法 93(L) mm X 54(W) mm X 30(H) mm
価格 オープン価格

 

*ドライバはCD-ROMにて同梱されます。

SanDiskおよびSanDiskのロゴは、サンディスク社の登録商標です。CompactFlashおよびCF、ImageMate、SecureMateは同社の商標です。その他全ての商標及び登録商標は各所有者に帰属します。また、仕様及び製品機能は、予告なしに変更されることがあります。

 

サンディスク株式会社
横浜市港北区新横浜2-17-19 日総15ビル

メディア連絡先

サンディスクのプレス連絡先

press@sandisk.com