プレスリリース

サンディスクとソニーがメモリースティック事業で提携

2001年 09月 05日

サンディスクとソニーがメモリースティック™事業で提携

-サンディスクが自社ブランドでメモリースティックを販売、
2社が次世代型メモリースティックを共同開発-

2001年9月6日

サンディスク社(以下、サンディスク)とソニー株式会社(以下、ソニー)は、メモリースティック事業に関し、今後両社が協力する旨の契約を締結いたしました。
この契約により、ソニーはサンディスクにメモリースティックを供給、サンディスクは自社ブランドでメモリースティックの販売を行います。また、サンディスクは市場競争力のあるNAND型フラッシュメモリーをソニーに供給します。
さらに今回の合意により、両社は次世代型のメモリースティックを共同開発し、各社が独自に製造・販売することになります。この次世代型メモリースティックには、高速、大容量などの先進的な機能を搭載する予定です。
サンディスクは今後、半年の間に、全世界29,000以上の販売店に向けてメモリースティックと関連アクセサリーを出荷する計画です。加えて、ソニーへのNAND型フラッシュメモリ-の供給については今年末に向け開始することを検討しております。

米国サンディスク 社長兼CEO エリ・ハラリのコメント:
「今回の合意は、サンディスクにとって重要な要素を含んでいます。ソニー、サンディスク両社は次世代のメモリースティックを用いた新たなデジタルオーディオ、ビデオのアプリケーションに共通したビジョンを持っています。我々の持つフラッシュメモリーのノウハウや知的財産を活用して、ソニーと共に次世代型のメモリースティックを共同開発していくことに大変期待をしています。またサンディスクは、今回の契約締結により、現在市場で流通しているフラッシュメモリカードの全ラインアップを揃えることができました。これにより、日本を含め世界中の販売店のメモリーカードのご要望に100%応えることが可能となり、ワンストップショップが実現したわけです。また、ソニーがサンディスクのNAND型フラッシュメモリーを採用する計画も歓迎しております。なぜならソニーは今日、フラッシュメモリーの最大かつ最先端の顧客であるからです。」

ソニー株式会社 副社長 中村末広のコメント:
「ソニーはメモリースティックに関してサンディスクと共同発表できることを大変喜ばしく思います。世界のメモリーカード分野のリーダーであるサンディスクとこのような協力関係を構築することにより、メモリースティックはさらなるマーケットの拡大を実現し、国際的なデジタル記録メディアの標準へと確固たる地位を築くものと確信しております。」

SanDiskおよびSanDiskのロゴは、サンディスク社の登録商標です。CompactFlashおよびCF、ImageMate、SecureMateは同社の商標です。その他全ての商標及び登録商標は各所有者に帰属します。また、仕様及び製品機能は、予告なしに変更されることがあります。

サンディスク株式会社
横浜市港北区新横浜2-17-19 日総15ビル

メディア連絡先

サンディスクのプレス連絡先

press@sandisk.com