プレスリリース

コンパクトフラッシュ新シリーズを発表「SanDisk Ultra™ CompactFlash™」

2001年 10月 14日

小型フラッシュメモリーカードを高性能化、デジタルカメラの普及さらに促進

コンパクトフラッシュ新シリーズを発表

「SanDisk Ultra™ CompactFlash™」

2001年10月15日 午後9時(米国カリフォルニア州現地時間同日午前5時半)発表 

サンディスク社(SanDisk Corporation、本社:米国カリフォルニア州サニーベール市、社長兼CEO:エリ・ハラリ、Nasdaq:SNDK)は、急速に普及するデジタルカメラの高性能化などに対応した、フラッシュメモリーカードの新製品「SanDisk Ultra™ CompactFlash™ (CF™)」を、本日発表しました。

 「SanDisk Ultra™ CompactFlash™ (CF™)」の発売は、2001年10月末から(日本市場での発売開始は年内中を計画)。製品に関するお問い合わせ、日本市場における詳細は、TEL:045-474-2401、サンディスク株式会社マーケティング部まで。

 一度に多くの高画質画像を撮影するハイエンドのデジタルカメラユーザーなどをターゲットにしたこの新製品は、デジタルカメラなどが画像データなどを記録する際の処理速度を一段と向上させたもので、これにより、よりスムーズな連続撮影などが可能となります。
 サンディスクが、1994年に開発したコンパクトフラッシュは、デジタルカメラやハンドヘルドPCなどの記録媒体として利用されており、現在、デジタルスチルカメラだけで180モデル以上の機種で採用されています。

サンディスクの上級副社長、ネルソン・チャンは、
「われわれは、世界を代表するカメラメーカーと、デジタルフィルム(フラッシュメモリーカード)の供給で長い間手を組み、新しい記録媒体の供給者の立場から、デジタルカメラの普及の一翼を担ってまいりました。デジタルカメラは、市場ニーズがますます拡大するとともに、高性能、高機能化が進んでいます。その利便性をさらに高めることのできる「SanDisk Ultra™ CompactFlash™ (CF™)」は、カメラメーカ[とわれわれの関係を、より緊密なものとすることでしょう。そして、「「SanDisk Ultra™ CompactFlash™ (CF™)」」のパフォーマンスは、最も要求の厳しいデジタルカメラ愛好者にも支持されるものと確信しています。」と、述べています。

キャノン株式会社、イメージコミュニケーション事業本部 副本部長、兼 デジタルカメラ事業 事業部長、細江三弥氏のコメント──
「私たちは、キヤノンの顧客が期待し、しかも確実に記憶カードを求めてくれるように、高品質の製品及び付属品の供給に努めております。サンディスクは、世界でも有名なフラッシュメモリーカードのブランドです。私たちは、キヤノンのデジタルカメラの広範な特徴と高性能をサポートする、この「SanDisk Ultra™ CompactFlash™ (CF™)」の発表を歓迎しています。」

株式会社ニコン、執行役員、映像カンパニー 開発統括部長、富野直樹氏のコメント──
「ニコンは、写真家のみなさまに最新の機能と、究極にバランスのとれたイメージ画質と、性能そしてフレキシビリティを提供します。メモリカードの重要性は増加し、高性能なサンディスクの「SanDisk Ultra™ CompactFlash™ (CF™)」が開発されたことは喜ばしいことです。このことはニコンのユーザーが必要とする高容量化と高性能を更に拡げるものとなります。」

SanDiskおよびSanDiskのロゴは、サンディスク社の登録商標です。CompactFlashおよびCF、ImageMate、SecureMateは同社の商標です。その他全ての商標及び登録商標は各所有者に帰属します。また、仕様及び製品機能は、予告なしに変更されることがあります。


サンディスク株式会社
横浜市港北区新横浜2-17-19 日総15ビル

メディア連絡先

サンディスクのプレス連絡先

press@sandisk.com