プレスリリース

サンディスク、日立、Ingentix、松下電器、東芝とフラッシュメモリーカード用のモバイルコマースセキュリティ標準規格を策定

2002年 07月 24日

サンディスク、日立、Ingentix、松下電器、東芝の5社が
フラッシュメモリーカード用の
モバイルコマースセキュリティ標準規格を策定

2002年7月25日

フラッシュメモリーカードで イー-ショッピングやイーバンキングの利用可能


株式会社日立製作所 (以下、日立) 、Ingentix GmbH & Co./Ltd. (以下、Ingentix) 、松下電器産業株式会社 (以下、松下電器) 、サンディスク コーポレーション (以下、サンディスク) 、および株式会社東芝 (以下、東芝) は、この度フラッシュメモリーカード用のモバイルコマース (以下、MC) 拡張規格を策定しました。このMC拡張規格は、現在利用可能なフラッシュメモリーカードの記憶媒体としての機能に加えて、新たにセキュリティ機能を実装することができます。これにより、モバイル端末を用いてフラッシュメモリーカードをイーショッピングやイーバンキングなどで利用することができます。

5社の策定のMC拡張規格をフラッシュメモリーカードに搭載することにより、カードを株式の売買、個人の医療記録の保存やインターネット上のコンテンツの購入などに利用することができます。さらに、今回のMC拡張規格が、昨年4千500万枚のフラッシュメモリーカード市場 (International Data Corp. (IDC) 調査) において、新たな市場を開拓し、フラッシュメモリーカード市場の拡大につながることを目指しております。
また、IDC調査によると、現在、これらのフラッシュメモリーカードのほとんどは、デジタルスチルカメラ、デジタルビデオ、シリコンオーディオの記憶媒体として利用されています。また、IDC調査によると、2001年の全世界のフラッシュメモリーカード市場は、9億2千万ドルで、2006年には26億ドルに成長すると予想されております。

MC拡張規格は、現在商品化されているCompactFlash™、SD Memory Card™、 MultiMediaCard™やその他全てのフラッシュメモリーカードにて採用することができます。この規格仕様は、さまざまなカード標準化団体やカードベンダーが規定している特定のカードの仕様 (カードの寸法、形状、電気仕様、など) に依存するものではありません。また特定のオペレーティングシステムにも依存しないため、あらゆる製品に利用可能です。

フラッシュメモリーカードへのセキュリティ機能を実装するこの規格は、開かれた標準仕様ニして、ライセンスされる予定で、さまざまなカード標準化団体、カードベンダー、デバイスベンダーが採用することができます。MC拡張規格書、およびライセンス関連のドキュメントは2002年10月に準備、公開する予定です。

日立、Ingentix、松下電器、サンディスク、および東芝が策定するMC拡張規格は、一枚のカードの中に大記録容量と高度なセキュリティ機能を統合することにより、オーディオなどのコンテンツ保護に加え、モバイルコマースの個人認証機能が提供でき、携帯電話、PDA、ノートブックPCなどに利用できます。

CompactFlash™、SD Memory Card™、 MultiMediaCard™ それぞれは、登録商標です

サンディスク株式会社
横浜市港北区新横浜2-17-19 日総15ビル

メディア連絡先

サンディスクのプレス連絡先

press@sandisk.com