プレスリリース

世界最大容量のメモリーカード、4GBコンパクトフラッシュを発表

2003年 03月 13日

世界最大容量のメモリーカード
4ギガバイトのコンパクトフラッシュを発表

2003年3月14日、ドイツハノーバー発──サンディスクコーポレーション(本社:米国カリフォルニア州、NASDAQ:SNDK)は、世界最大の記憶容量となる4ギガバイト(以下、GB)のコンパクトフラッシュを、本日発表しました。

 これは、同社が開発した 0.13ミクロン加工技術によるNAND型フラッシュメモリー技術と、記憶容量の4倍化に向けた先進の高密度パッケージ技術によって実現したものです。このかつてない大容量フラッシュストレージにより、4,000枚以上の高画質画像、1,000曲以上の音楽、さらにDVDに匹敵する映画1本分を1枚のカードに収めることが可能となります。

 サンディスクでは、今夏頃をめどに、 2GBと4GBのコンパクトフラッシュの出荷を開始する予定です。価格は、4GBで999.99ドル、2GBで499.99ドルが想定されています。

 ※ 国内での発売予定、価格等については、サンディスク株式会社マーケティング部( Tel. 045-474-2401)まで。

 サンディスクのコンパクトフラッシュは、全てタイプⅠのフォーマットとなっており、これは現在 500種類を超えるコンパクトフラッシュスロット搭載機器のほぼ全てに対応しています。

 サンディスクコーポレーション リテールマーケティング &ビジネス開発部門シニアディレクター、Wes Brewerのコメント

 「デジタルカメラの高解像度化にともなうファイルサイズの高容量化が進む中、多くのプロフェッショナルからセミプロ向けの機種は、より大容量のメモリーカードが必要となってきている。また、オートフォーカスのカテゴリーにおいても、モーション JPEG方式の動画記録や音声記録などの機能が追加されてきたことにより、より大容量のメモリーカードを求めるようになってきた。我々が、4GBという容量を1枚のコンパクトフラッシュに収めたことは、こうしたデジタルイメージ市場の成長傾向に対応したものだと言える。」

市場調査会社 IDC シニアアナリスト、Chris Chuteのコメント

 「デジタルカメラをはじめ高解像度の画像を記録する機器への人気が高まっており、大容量コンパクトフラッシュへの需要は、今後さらに高まると予想している。このサンディスクの新しいカードは、一度に大量のデジタル画像を記録するプロの写真家にとっては特に魅力的な商品となるでしょう。」

 

サンディスク株式会社
横浜市港北区新横浜2-17-19 日総15ビル

メディア連絡先

サンディスクのプレス連絡先

press@sandisk.com