プレスリリース

2GBの「SanDisk Ultra™ II コンパクトフラッシュ」を発表

2004年 02月 11日

コンパクトフラッシュ高性能シリーズに新容量

2004年2月12日、米国ネバダ州ラスベガス発──サンディスクコーポレーション(NASDAQ:SNDK)は、記憶容量が2ギガバイト(GB)の「SanDisk UltraII™コンパクトフラッシュ」及び※1「SanDisk Extreme™コンパクトフラッシュ」を発表しました。

 これらのシリーズは、高速でのデータ書き込みを必要とする400万画素以上の高品位デジタルカメラなどをターゲットとしたもので、※2毎秒9MB以上の書き込み速度、※2毎秒10MB以上の読み込み速度を実現しています。

 2GBの「SanDisk UltraII™ コンパクトフラッシュ」は、今月末までに北米での店頭販売を開始する予定です。
※国内での発売は、今春を予定しています。価格はオープン。

 世界的フォトジャーナリストでコンサルタントのRob Galbraith氏によると、「SanDisk UltraII™」及び「SanDisk Extreme™」シリーズは、最も高速なコンパクトフラッシュ製品として一貫した評価を受けています。同氏のデータベースは、キヤノンやニコン、富士写真フイルム、ペンタックスなどのデジタル一眼レフカメラでの48種類以上のコンパクトフラッシュ製品の比較テスト結果に基づくものです。(http://www.robgalbraith.com)

 サンディスクコーポレーションリテール製品担当マーケティングディレクター Tanya Chuangのコメント──「メモリーカードの書き込み速度の違いは、カメラマンが思いのままにシーンを捕らえられるかどうかに影響します。また、ギガバイト級の画像データをコンピュータに取り込む作業を効率化したいと感じているプロカメラマンにとって、読み込み速度の向上も重要な要素になってきています」

 「SanDisk Extreme™コンパクトフラッシュ」は、データ転送速度の向上に加え、摂氏マイナス25度から85度までの超高低温の撮影環境での動作保証など、プロフェッショナルのカメラマン向けに設計された製品です。


※1「SanDisk Extreme™」シリーズの国内での発売は現時点で予定されておりません。
※2ベンチマークソフトウェア「HDBENCH」による検証データに基づくもので、デジタルカメラの機種などによって異なります。

※記載されているシステム名、製品名は、一般に各開発メーカーの登録商標あるいは商標です。

※ここに掲載されているリリース情報は、発表日現在の情報です。発表後の情報と内容が異なる可能性がございますので、あらかじめご了承ください。

SanDiskおよびSanDiskのロゴは、サンディスク社の登録商標です。CompactFlashおよびCF、ImageMate、SecureMateは同社の商標です。その他全ての商標及び登録商標は各所有者に帰属します。また、仕様及び製品機能は、予告なしに変更されることがあります。

 

サンディスク株式会社
横浜市港北区新横浜2-17-19 日総15ビル

 

メディア連絡先

サンディスクのプレス連絡先

press@sandisk.com