プレスリリース

動画や音楽、GPSなどの次世代携帯電話向けメモリー

2004年 10月 28日

最小サイズの着脱式フラッシュカードモジュールに高容量

256MBの「TransFlash™」を発表

 

2004年10月29日

サンディスクコーポレーション(米国カリフォルニア州、NASDAQ:SNDK)は、世界最小サイズの着脱式フラッシュカードモジュール「TransFlash」に、記憶容量が現行品の2倍となる256MBの新製品を発表いたしました。

 同製品は、写真や音楽、動画などのデジタルデータの保存やGPS機能の搭載などにより、多くのメモリーを必要とする次世代携帯電話をターゲットとしたものです。

 「TransFlash」は、2004年2月にサンディスクが発表した規格で、SDカードの約4分の1のサイズです。専用アダプタの利用により現行のSDカードとの互換性を持ちます。幅11mm、長さ15mm、厚さ1mmで、着脱可能なフラッシュカードモジュールとして世界最小サイズです。

 これまでに、32MBから128MBまでのタイプが発売されており、米国モトローラ社の携帯電話「※V710」をはじめとする数機種で採用されています。サンディスクでは、他の携帯電話メーカーに対しても引き続き採用を働きかけていく計画で、2005年中にメーカー数社の全40モデル程度での採用を見込んでいます。

※120万画素のデジタルカメラと動画の撮影・再生機能、MP3プレーヤーを搭載

米国ストレージマーケット調査会社 Web-Feet Reserch 主任研究員アラン・ニエベル氏──「今後、携帯電話においてより多くのメモリーが必要とされる新機能として、動画が注目されます。この新製品は、テレビ放送の録画再生をはじめ、ニュースや映画などの映像クリップ、楽曲などの大量データを、超小型の着脱式ストレージに記録することを可能にします。また、こうした携帯電話における動画ストレージ市場は、2009年までに36億ドル超に達すると予測され、フラッシュメモリー市場の最大顧客の一つになることが予想されます」

 サンディスク社 「TransFlash」OEMマーケティング担当マネージャーレックス・サビオ氏──「今後、音楽の受信・再生といった多機能携帯電話にはさらに多くのモデルが登場してくるでしょう。この新製品を利用することで、ユーザーは数曲のみならず1枚のアルバム全てを保存することが可能になります。また、GPSによる地図サービスなどもさらに多くのメモリーを必要とする新機能です。着脱可能な「TransFlash」は、一般ユーザーから携帯電話メーカーまで、その用途に応じた柔軟なソリューションを提供することができます」

「TransFlash™」各容量ラインナップ / SDカードアダプタ

※ 製品には、SDカードスロットにも対応できるよう、
専用の「SDカードアダプタ」(上記画像右)が付属しています。


※ ここに掲載されているリリース情報は、発表日現在の情報です。発表後の情報と内容が異なる可能性がございますので、あらかじめご了承ください。

SanDiskおよびSanDiskのロゴは、SanDisk Corporationの登録商標です。CompactFlashおよびCF、SanDisk Ultra, Cruzer, ImageMate, MobileMate, Connect, CruzerLock, CruzerSync, Store Your World in Ours, 「あなただけの世界をストックします。」は同社の商標です。
SanDisk Corporationは、次の商標の公認使用権を取得しています。SD, miniSD, xD-Picture Card。
その他全ての商標及び登録商標は各所有者に帰属します。また、仕様及び製品機能は、予告なしに変更されることがあります。


サンディスク株式会社
〒222-0033 横浜市港北区新横浜2-17-19 日総15ビル

メディア連絡先

サンディスクのプレス連絡先

press@sandisk.com