プレスリリース

プロセスエンジニア規模倍増、26名獲得目指す 国内外から人材募集

2005年 01月 12日

世界最先端の半導体ライン(四日市)、今春から本格稼動

2005年1月13日 

    SanDisk 社(米国カリフォルニア州、NASDAQ:SNDK)では、東芝と2700 億円を共同出資する世界最先端の半導体ライン、フラッシュビジョン(三重県四日市市)のプロセスエンジニアを、現在の約2倍にあたる50 名規模へ増強することを決定いたしました。
これは、昨年4 月に着工した新たな製造ラインが今春から本格稼動を開始することを受けたもので、26 名の獲得枠を設定し、日本国内だけでなく海外からも人材を募ります。※(注)

 ※(注)2004 年12 月現在、フラッシュビジョンにおけるプロセスエンジニア人員は24 名。(日本国籍:15 名、米国籍:3 名、韓国籍:2 名、中国籍:2 名、インド国籍:1名、オランダ国籍: 1 名)26 名を増員し、50 名体制とする計画です。この計画は、米国をはじめ、海外においても公表されています。

 パソコンやデジタルカメラ、カメラ付き携帯電話、ゲーム機器、オーディオ・ビジュアル製品から家電製品まで需要が拡大する半導体フラッシュメモリーの市場は2003 年で3800 億円とされており、SanDisk 社は世界市場占有率35%を持ちます。

    今春、東芝と700 億円を追加出資して新たに製造ラインを建設したフラッシュビジョンでは、世界最高水準を誇る大口径の直径300 ミリ半導体ウェハー(基板)の製造にあたります。 



※ ここに掲載されているリリース情報は、発表日現在の情報です。発表後の情報と内容が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

●SanDiskおよびSanDiskのロゴ、および次の名称は、アメリカ合衆国およびその他の国におけるSanDisk Corporationの商標または登録商標です。CompactFlash, SanDisk Ultra, Cruzer, ImageMate, Connect, CruzerLock, CruzerSync, Store Your World in Ours
●SanDisk Corporationは、次の商標における公認使用権を取得しています。SD, miniSD, xD-Picture Card
●次の名称は、ソニー株式会社の商標です。Memory Stick, Memory Stick PRO, Memory Stick PRO Duo, Memory Stick Duo, メモリースティック, MagicGate, マジックゲート
●その他記載されている会社名および製品名は各社の商標または登録商標です。
●仕様及び製品機能は、予告なしに変更されることがあります。 

メディア連絡先

サンディスクのプレス連絡先

press@sandisk.com