プレスリリース

高性能・高価格シリーズが人気

2005年 05月 25日

市場拡大と低価格化進むフラッシュメモリーカード

2005年5月26日

デジタルカメラや携帯電話などの記録メディアとして、近年急速に市場が拡大すると共に一段と低価格化が進んでいるフラッシュメモリーカード。こうした中、サンディスクが4月末に国内発売したプロフェッショナル仕様の高性能・高価格メモリーカードに受注が相次ぎ、供給量が不足する状況となっています。 

Extreme(エクストリーム)III」シリーズは、ハイエンドのデジタル一眼レフカメラを利用するプロフェッショナルやハイアマチュアをターゲットにリリースされたもので、価格はスタンダード仕様の製品に比べ約3~4割高程度。画像などのデータ転送速度が※1毎秒20メガバイト(MB)以上と業界最速クラスのほか、厳しい天候下での利用を想定した摂氏-25℃から85℃までの動作保証といった仕様性能の向上が図られています。記憶容量は、1ギガバイト(GB)から4GBまでの高容量ラインアップとなっています。

サンディスクでは、こうしたターゲット層以外にも、近年裾野が拡大しているデジタル一眼レフカメラユーザーを中心に購買需要が拡がっているものとみており、フラッシュメモリーの価格低下が進行する中での潜在需要として注目しています。

この傾向は、国内だけでなく世界規模で生じているもので、昨年12月より先行発売した米国でも予想を上回る市場の反響となっており、現在も生産を上回るペースでの受注が続いています。これを受け、サンディスクでは現在同シリーズの生産・販売体制の拡充を図っています。

1 サンディスクの自社テストに基づく。デジタルカメラの機種などによって異なります。 


※ここに掲載されているリリース情報は、発表日現在の情報です。発表後の情報と内容が異なる可能性がございますので、あらかじめご了承ください。   

● SanDiskおよびSanDiskのロゴ、および次の名称は、アメリカ合衆国およびその他の国におけるSanDisk Corporationの商標または登録商標です。CompactFlash, SanDisk Ultra, Cruzer, ImageMate, Connect, CruzerLock, CruzerSync, Store Your World in Ours
● SanDisk Corporationは、次の商標における公認使用権を取得しています。SD, miniSD, xD-Picture Card
● 次の名称は、ソニー株式会社の商標です。Memory Stick, Memory Stick PRO, Memory Stick PRO Duo, Memory Stick Duo, メモリースティック, MagicGate, マジックゲート
● その他記載されている会社名および製品名は各社の商標または登録商標です。
● 仕様及び製品機能は、予告なしに変更されることがあります。

メディア連絡先

サンディスクのプレス連絡先

press@sandisk.com