プレスリリース

サンディスクとソニー、高速転送、高速書き込みを実現する

2006年 12月 10日

「メモリースティックPRO-HG」を開発

2006年12月11日

サンディスクコーポレーション
ソニー株式会社

 サンディスクコーポレーションとソニー株式会社は、このたび、「メモリースティック PRO (プロ)」フォーマットを拡張した新フォーマット「メモリースティック PRO-HG (プロエイチジー)」を共同開発しました。

近年、IC 記録メディアは高容量化に伴い、デジタルスチルカメラでの静止画記録や携帯音楽プレーヤーの音楽記録再生、インターネットでの動画配信やテレビ番組の記録・持ち出しなど、利用用途が拡大し、エンターテインメントコンテンツを楽しむ用途にも利用されてきております。また今後は、静止画及び動画の高画質化に伴い、大容量データのリアルタイム記録や大容量データを転送する機会が急速に増えてくることが見込まれています。

今回開発した「メモリースティック PRO-HG」フォーマットは、インターフェイスを「メモリースティック PRO」フォーマットの4 ビットパラレルインターフェイスから8 ビットパラレルインターフェイスへ拡張しました。またクロック周波数をこれまでの40MHzから60MHz までアップすることにより、インターフェイスの最高転送速度は「メモリースティック PRO 」フォーマットに比べて約3倍となる480Mbps (または60MB/s)(理論値)を実現し、メディアの最低書込み速度は8 ビットパラレルインターフェイス転送時に120Mbps(または15MB/s)※1、を保証します。

これらを実現した「メモリースティック PRO-HG」フォーマットは高画質動画・静止画撮影のリアルタイム記録のみならず、"ギガバイト時代"の大容量データの高速転送を実現するのに適したフォーマットと言えます。

また、「メモリースティック PRO-HG」は「メモリースティックPRO」を拡張したフォーマットであるため、「メモリースティックPRO-HG」対応機器では「メモリースティックPRO-HG」メディアおよび「メモリースティックPRO」メディアの使用が可能です。さらに、「メモリースティックPRO-HG」メディアは、既存の「メモリースティックPRO」対応機器においても使用が可能です。※2

なお、「メモリースティックPRO-HG」フォーマットは2007年1月に対応機器向けライセンスを開始いたします。

<写真>メモリースティック PRO-HG デュオ(印字はイメージです)

サンディスクコーポレーションチェアマン兼CEO、エリ・ハラリのコメント

 

サンディスクコーポレーションとソニー株式会社は、エキサイティングで新しいデジタルオーディオ及びビデオアプリケーションを消費者へ提供していくという、共通のゴールを持っております。

この共通のゴールを達成するために、両社が持つフラッシュメモリーカードに関する専門知識と豊富な知的財産をもちい、メモリースティックPRO-HG の開発に日々努力してまいりました。

わたくしはソニー社とサンディスク社の長年にわたる親密な関係を誇りに思い、またメモリースティックPRO-HG メディアに対応した、エキサイティングな新製品が今後発売される日を心待ちにしております。

 

ソニー株式会社コアコンポーネント事業グループ本部長 久保田陽のコメント

ソニー株式会社は、サンディスクコーポレーションと2003年に「メモリースティック PRO」フォーマット、2005年には携帯電話を始めとしたモバイル機器に適した「メモリースティックマイクロ」の共同開発を行いメモリースティックフォーマットの普及を推進してきました。

この協業をさらに発展した形で、ハイビジョンなどの高画質動画およびデジタルカメラの高画質静止画などに代表される大容量なデータでも、高速に扱うことができるIC記録メディアとして「メモリースティック PRO-HG」フォーマットを共同発表できることを嬉しく思います。

このフォーマットを導入することにより、メモリースティックフォーマットがエンタテインメントの領域などでもより幅広く利用されることを目指していきます。



メモリースティックメディアは1998 年9 月の商品化以来、2006 年9 月までに累計2 億台*3出荷しました。「メモリースティックPRO-HG」フォーマットに準拠したメモリースティック PRO-HG デュオメディアの出荷は2007 年を予定しています。

「メモリースティック PRO-HG」フォーマットの主な仕様:

メディア外形寸法 31 x 20 x 1.6 mm (デュオサイズ)
接続端子 14-pin
容量 32ギガバイト (規格上の最高容量)*4
最高転送速度 480 Mbps (理論値)
最低書き込み速度 120Mbps *1 (8ビットパラレル転送時)
40Mbps *1 (4ビットパラレル転送時)
動作電圧 2.7 - 3.6 V
インターフェイス 8ビット/ 4ビット パラレルインターフェイス及びシリアルインターフェイス
最大クロック周波数 60MHz *5
著作権保護技術 マジックゲート

■ライセンスに関しては、右記サイトをご覧下さい :


*1: 最適化された対応機器と組み合わせた場合。

*2: 「メモリースティックPRO」対応機器で、「メモリースティックPRO-HG」メディアを使用した際は、「メモリースティックPRO」メディアとして動作します。

*3: 「メモリースティック」、「メモリースティック デュオ」、「メモリースティック PRO」および「メモリースティックPRO デュオ」の合計数です。

*4: 32 ギガバイトまでの「メモリースティック PRO-HG」の発売を保証するものではありません。「メモリースティックPRO-HG」の製品ラインナップは未定です。また、対応機器で利用できる「メモリースティックPRO-HG」メディアの記録容量、転送速度、機能については対応機器の仕様によります。

*5: 8 ビットパラレルインターフェイス転送時の仕様です。

※ メモリースティック、メモリースティック デュオ、メモリースティック PRO、メモリースティック PRO デュオ及びメモリースティック マイクロは、ソニー株式会社の登録商標または商標です。


サンディスク社
デジタルカメラ、カメラ付き携帯電話、デジタルオーディオプレーヤーなどに欠かせない大容量メモリーメディア "フラッシュメモリー"の世界最大手メーカー。

1988年に設立され、1995年にはアメリカNASDAQ株式市場に上場。カリフォルニア州のシリコンバレーに本社を置き、ヨーロッパ、アジアへの海外展開を図る。日本においては、同社製品の販売のみならず㈱東芝との合弁で四日市に設立した工場にて半導体も製造。

現在はコンパクトフラッシュ、SDカード、miniSD、microSD、メモリースティック PROなどの主要メモリーカードを各種販売し、市場で流通しているあらゆるフラッシュメモリーカードを網羅。世界のフラッシュメモリーカードのマーケットではシェアNo.1を誇っている。(2006年Gartner発表)

メディア連絡先

サンディスクのプレス連絡先

press@sandisk.com