プレスリリース

サンディスク社 Extreme®ラインに新製品!

2007年 09月 05日

 Ducatiエディションフラッシュメモリーカード、USBドライブ新発売!
イタリアの名門 Ducati の走りとスタイルを具現化した
ターボチャージ フラッシュメモリーカード

2007年 9月 6日

サンディスク株式会社(本社:横浜市港北区)は、国際的モーターサイクルレースの電光石火のスピード、 精緻なエンジニアリング、カラフルなスタイルを具現化した、ターボチャージ フラッシュメモリーカード、サンディスクExtreme® ドゥカティエディション コンパクトフラッシュ®、サンディスク Extreme® ドゥカティエディション SD™プラス及びサンディスク Extreme® ドゥカティエディション USBフラッシュドライブの日本発売を発表しました。

 これらの製品は2007年9月6日(木)、グランドハイアット東京(東京都港区)で開催された記者会見の席で、サンディスク社CEOエリ・ハラリ博士によって発表されました。
新発売の2種類のカードは、サンディスク製品群の中で、最速の読み取り/書き込みスピードを誇り(※1)、デジタル写真用のサンディスクの究極の高性能製品を代表する製品となっています。
またUSBフラッシュドライブは、ドゥカティのイタリアン・デザインとエンジニアリングに対する称賛をこめ、現在MotoGP世界選手権でワールドチャンピオンに挑んでいるドゥカティコルセMotoGPチームのレーシングバイクと同じ、レッドのシャーシとブラックのトリミングを表現しています。

 サンディスク Extreme®ドゥカティエディションの製品ラインは、サンディスク社とイタリアの名門ドゥカティモーターサイクル社のレーシング部門 ドゥカティコルセとのスポンサーシップ及びマーケティング協力関係の賜物として生まれたものです。
サンディスクはドゥカティコルセMotoGPチームのスポンサーであり、また今年は、MotoGP世界選手権をリードしているドゥカティのライダー、21歳のオーストラリア出身、ケーシー・ストーナーのスポンサーとなりました。
この喜ばしい関係について、ドゥカティジャパン株式会社代表取締役社長ファブリッツィオ・カッツォーリ氏は次のようにコメントしています。
「ドゥカティとサンディスクのパートナーシップは、共に異なるセクターの頂点で活躍するトップブランドが成功的な協力関係を築いている素晴らしい実例です。それは、世界中のレーシングトラックにおいても、また、お互いに支社があるここ日本においてもビジネス活動の発展において活発なコラボレーションを行っていることからも明白です。」

1926年創立のドゥカティは、高性能モーターサイクルの名門として世界的に最も知られている名前の一つ。ユニークなエンジン性能、革新的なデザイン、先進の総合的な完成度に重点を置くドゥカティは、ワ-ルド・スーパーバイク選手権において過去19シーズン中14回のマニュファクチャラーズタイトルを取得し、全レースを合わせてもコンストラクターとして最多の優勝回数を誇っています。ドゥカティはまた2003年以降、世界最高峰のオートバイレース MotoGP世界選手権にも参戦を開始いたしました。日本におけるMotoGP世界選手権は1回のみで、来たる 9月23日(日)ツインリンクもてぎで開催されます。

サンディスク社のCEO、エリ・ハラリ博士は新製品について以下のようにコメントしています。
「サンディスク Extreme® ドゥカティエディションカードをもって、私たちは、コンパクトフラッシュカードの毎秒当たり45MB、SDプラスは毎秒当たり20MB(※1) という新しい境地に到達しました。このスピードは、特に画像処理に速さを求めるプロのカメラマンのために、最速のデータ転送を可能とするものです。」

また同氏は「サンディスク Extreme®ドゥカティエディション コンパクトフラッシュ®のスピードは、従来品のサンディスクExtreme®Ⅲの2倍、サンディスク Extreme®Ⅳよりも5MB/秒速いのです。」とも述べています。
サンディスク Extreme®ドゥカティエディション コンパクトフラッシュは 4GBと8GB (※2)、サンディスク Extreme®ドゥカティエディション SD プラス カードは 4GBがラインアップされています。後者はサンディスク独自のスナップ・オープン(折り曲げ)式のSDカードで、USBコネクタを内蔵し、ケーブルもしくはリーダーを経由しないで直接パソコンのUSBポートへの接続が可能です。
また、USBフラッシュドライブは4GBの大容量、読取り/書込みスピードは他を抜きん出た毎秒当たり20MB(※1)で、超高速タイプのUSBドライブです。サンディスク Extreme®ドゥカティエディションUSBフラッシュドライブはネックストラップを付属。 また、サンディスク RescuePRO ® Deluxeリカバリー・ソフトウエアーも付いているため、ユーザーが誤って削除してしまったデータの回復が可能になっています。さらにWindows 2000、 Windows XP、Windows Vista とMacオペレーティング システムの10.1.2もしくはその上位のバージョンとの互換性もあります。

自分たちこそが真の"ドゥカティスト"と自称する、ドゥカティのモーターサイクルの熱狂的なファンにとって、サンディスクExtreme® ドゥカティエディション USB フラッシュドライブの上面に施されたドゥカティコルセのロゴや、ドライブがコンピューターのUSBポートに差し込まれた時に点灯する赤いテールライトなど、細部へのこだわりは嬉しい限りでしょう。ドゥカティコルセのマーケティング&ライセンシング・マネージャーであるアレッサンドロ・チッコニアーニ氏は、「サンディスクは、ドゥカティが許したごくわずかなライセンシング・パートナーの一社であり、性能、最先端技術、デザインのコンビネーションは両社にとって完璧にマッチするものです」とコメントしています。

■ 価格設定

製品名 容量 価格 日本での発売時期
 サンディスク Extreme®ドゥカティエディション
コンパクトフラッシュ
 4GB  オープン価格

 10月上旬

 サンディスク Extreme®ドゥカティエディション
コンパクトフラッシュ
 8GB  オープン価格

 10月上旬

 サンディスク Extreme®ドゥカティエディション
USB フラッシュドライブ
 4GB  オープン価格

 10月上旬

 サンディスク Extreme®ドゥカティエディション
SD プラス カード
 4GB  オープン価格

 10月上旬

 

■サンディスク製品掲載時、一般の方からのお問い合わせ先■
サンディスク カスタマーサポート フリーダイヤル 0120-89-3009

 サンディスク Extreme®ブランドは2003年の発売以来、そのスピード故に世界中で様々な賞と栄誉を授賞しています。サンディスクExtreme®カードはまた耐久性に優れて極端な気温、氷点のはるか下(13°F、-25℃)から沸点近く(185°F、85℃)まで耐えることができます。(※3) サンディスクExtreme®ドゥカティエディションカードは 共にRescuePRO ® Deluxeリカバリー・ソフトウエアーCDが同梱され、ユーザーが誤って削除してしまった画像やファイルの回復が可能です。


※1 サンディスク自社テストに基づく。性能はホスト・デバイスによって異なることがある。
※2 1 メガバイト(MB)=100 万バイト; 1 ギガバイト(GB)=10 億バイト
※3 サンディスク自社テストに基づく。

※ SDHC、SDHCロゴ、SDは商標です。
※ 1 メガバイト(MB)=100 万バイト; 1 ギガバイト(GB)=10 億バイト
※ サンディスクおよびサンディスクのロゴはサンディスク・コーポレーションの、アメリカ合衆国および他の国々における登録商標。
microSD、miniSD、SD、SDHC、SDHCロゴは商標です。
ここで登場した他のブランド名は同定目的のみに用いられ、それぞれ所有者の商標である可能性があります。

サンディスクのwebサイト/ホームページのアドレス: http://jp.sandisk.com/
サンディスク製品の写真のダウンロード: http://jp.sandisk.com/corporate/mediakit/

サンディスク社
デジタルカメラ、カメラ付き携帯電話、デジタルオーディオプレーヤーなどに欠かせない大容量メモリーメディア"フラッシュメモリー"の世界最大手メーカー。
1988年に設立され、1995年にはアメリカNASDAQ株式市場に上場。カリフォルニア州のシリコンバレーに本社を置き、ヨーロッパ、アジアへの海外展開を図る。
日本においては、同社製品の販売のみならず㈱東芝との合弁で四日市に設立した工場にて半導体も製造。
現在はコンパクトフラッシュ、SDカード、miniSD、microSD、メモリースティックPROなどの主要メモリーカードを各種販売し、市場で流通しているあらゆるフラッシュメモリーカードを網羅。世界のフラッシュメモリーカードのマーケットでは世界最大手を誇っている。
http://jp.sandisk.com/

 

■サンディスク製品掲載時、一般の方からのお問い合わせ先■
サンディスク カスタマーサポート フリーダイヤル 0120-89-3009

メディア連絡先

サンディスクのプレス連絡先

press@sandisk.com