プレスリリース

サンディスクと SK テレコムがサンディスクモバイル・テレビとPVRのためのカード・ベース ソリューションを発表

2008年 02月 10日

SKテレコムのサービスと、サンディスクのトラステッドフラッシュTM・メモリーカー

2008年2月11日、モバイル世界会議、スペイン発

フラッシュメモリーストレージカードの世界的なリーダーでありMegaSIMTM の開発であるサンディスク・コーポレーション (NASDAQ: SNDK) と韓国最大のモバイル・オペレーターである SKテレコム社(NYSE: SKM)は   2月11日、両社がモバイルテレビとパーソナル・ビデオ・レコーダー (PVR) 機能のための新しいソリューションの開発を完了したと発表しました。

SKテレコムのサービスとサンディスクのトラステッドフラッシュTM機能を有するメモリーカードを使えば、携帯電話の契約者は約者は近い将来、好みの有料モバイルテレビ配信コンテンツを、いつでもどこでも容易に観たり録画できる ようになります。

SK テレコムのC&I Biz社 社長セ・ユン・オー博士によれば、「SK テレコムが実証する業界標準となっているOMADRAM2 バージョン 2.0 順応DRMソリューション及びサービスと、サンディスクのトラステッドフラッシュ・ セキュリティーテクノロジーを組み合わせることによって、セキュリティーが保護されたコンテンツのレコーディングと 配信の新しい基準を設定することが可能となったのです。サンディスクとSKテレコムは共同で、モバイルテレビの視聴者には購入したコンテンツのより自由な楽しみ方を、またモバイルテレビコンテンツ配信会社には多様な 価格設定と新たなビジネス・モデルを作る機会を提供できるようになります」とのこと。

この新しいカード・ソリューションによって、モバイル・ネットワーク・オペレーター(MNO) は、サンディスクのトラス  テッドフラッシュTM機能を有するメモリーカードに安全に録画ができる有料モバイルテレビサービスを配信し、  同時にそのコンテンツを違法な転送や転売から保護することが可能となります。他方、ネット登録ユーザーは 購入したモバイルテレビのコンテンツを、新しく買い替えた携帯電話で持ち歩け、またパーソナル・メディア・プレイヤーやパソコンなどに接続して再生することができます。

サンディスク・モバイルネットワーク・オペレーター部門のファーシド・サベット副社長兼ゼネラル・マネージャーはこの件について以下のようにコメントしています。

「サンディスクの製品に組み込まれた新しいテクノロジーを提供することによって、サンディスクとSK テレコムは  モバイル・ネットワーク・オペレーターに、より価値のある配信を契約ユーザーに届けることが可能となります。サンディスクのmicroSD、メガSIM やその他のトラステッドフラッシュ技術が組み込まれたカード類は、ネット契約  ユーザーにモバイルテレビや他の進歩したモバイルサービスのより融通性のある楽しみ方を可能にします。

SKテレコム社との協力によってサンディスクは業界のリーダーと、契約ユーザーに使い勝手の融通性に富み、 より満足度の高いコンテンツ配信サービスを提供するために歩調を合わせることができました。この協力を通しての新しいテクノロジーの開発は、携帯電話の新サービスや、サンディスクのモバイル・ストレージ・ソリューションと組み合わせた、更なるエキサイティングなアプリケーションへの途を拓くものとなるでしょう。」

ゲーム、映画、e-ブック、ビデオやアニメーションなど現在入手可能なアプリケーションの配信に加えて、サンディスクと SKテレコムの両社はモバイルテレビとPVRソリューションの世界市場での商品化の共同開発を予定しています。

トラステッドフラッシュについて

サンディスクのトラステッドフラッシュセキュリティー・テクノロジーはパーソナル・プライベート・データのストレージと、 有料コンテンツを携帯電話や他の消費者向けエレクトロニクス製品のフラッシュメモリーカードに安全にプレロード、ダウンロードもしくはサイドロードするためのソリューション。

トラステッドフラッシュ・テクノロジーはプライベート・データ、アプリケーション、有料コンテンツなどを、カード自体の セキュリティーによって保護するので、ユーザーは映画や音楽などお気に入りのエンターテイメントを簡単にダウンロードすることができます。ユーザーはより多くのお気に入りの有料コンテンツやパーソナル・データを保存でき、 また、トラステッドフラッシュ対応の新しい携帯電話を購入した時は、それらのファイルをそのまま新しい携帯電話で使用することが可能となります。

サンディスクについて

サンディスクは、フラッシュ・ストレージ・カードを最初に発明した企業であり、世界最大の供給会社です。基礎研究から製造、製品設計、消費者向けブランド製品の開発と販売にいたるまで、フラッシュメモリー分野で  世界をリードしています。サンディスクは、携帯電話、デジタルカメラ、ビデオカメラ用フラッシュメモリー、モバイル ネットワーク・オペレータ用MegaSIM TM カード、デジタル オーディオ機器、一般・企業向けUSBフラッシュドライブ、携帯端末組込みメモリー、コンピュータ用半導体製品を製造しています。

サンディスクはシリコンバレーを本拠地としたスタンダード&プアーズ500種指数(S&P500)の対象企業で、  売上げの50%以上はアメリカ以外の市場で上げています。

SKテレコムについて

SKテレコム (NYSE: SKM,KSE: 017670) は韓国最大のワイヤレス・コミュニケーションのプロバイダーであり、 契約者数は 2,100万人、全市場の50%以上のシェアを有しています。1984年に創立され、2007年度の 売上は 11.3兆KRW。SKテレコムは CDMA、CDMA 2001X、CDMA EV-DO、HSDPAネットワークを最初に立ち上げ商業化し、現在セルラー、ワイヤレスネットワーク、モバイルメディア、グローバル・ローミングその他の  プロバイダーとしてサービスを提供しています。同社に関する更なる情報を得るには以下にアクセス:www.sktelecom.com もしくは press@sltelecom.com


1 オープン・モバイル・アライアンス市場先導のインターオペレータブル・モバイルサービス提供可能社のための業界 フォーラム
2 デジタル・ライト・マネージメント携帯機器もしくはパソコンでの再生のためコンテンツを保護し、安全に提供するプラットフォーム
※ 1メガバイト(MB)=100 万バイト; 1 ギガバイト(GB)=10 億バイト
※ サンディスクおよびサンディスクのロゴはサンディスク・コーポレーションの、アメリカ合衆国および他の国々における 登録商標。microSD、miniSD、SD、SDHC、SDHCロゴは 商標です。
※ ここで登場した他のブランド名は同定目的のみに用いられ、それぞれ所有者の商標である可能性があります。

サンディスクはフラッシュストレージカードの最初の発明者であり、自社の特許高密度フラッシュメモリー及び  コントローラーテクノロジーを用いたデータ保存カード製品の世界最大の供給会社です。サンディスクは   カリフォルニア州に本拠を置き、世界中で操業を展開しており、売上の50パーセント以上を海外市場で 挙げております。

サンディスクの製品及び経営陣の写真のダウンロードは以下にアクセスして下さい:
http://www.sandisk.co.jp/Corporate/MediaKit/

サンディスクのwebサイト/ホームページへのアクセスアドレスは以下の通りです:
www.sandisk.co.jp

 

■サンディスク製品ご掲載時、一般の方からのお問い合わせ先■
サンディスク カスタマー・サポート フリーダイヤル0120-89-3009

メディア連絡先

サンディスクのプレス連絡先

press@sandisk.com