プレスリリース

サンディスク、2種類のカードリーダー/ライター、『ImageMate® オールインワン

2009年 02月 02日

USB2.0 リーダー/ライター』と『ImageMate® 30MB/s Edition SDHC 対応
USB2.0 リーダー/ライター』を2月中旬に同時発売

2009年2月3日

サンディスク株式会社(本社:横浜市港北区)は、安全に素早くデータ転送ができる『ImageMate® オールインワンUSB2.0リーダー/ライター』、『ImageMate® 30MB/s* EditionSDHC対応 USB2.0リーダー/ライター』製品を2種類 2009年2月中旬に、同時発売します。

ImageMate® USB2.0リーダー/ライターは、USBケーブルをPCに接続することで、簡単にマルチメディアデータや大容量ファイルをPCとメディアの間で移動できます。 
  •   ImageMate® オールインワンUSB2.0リーダー/ライター』は、主要なカードフォーマットに対応しており、データの転送速度は、最高34MB/s *1です。
  •   ImageMate ®   30MB/s Edition SDHC対応USB2.0リーダー/ライター は、本年8月に発表されたSanDisk Extreme ®Ⅲ 30MB/s Edition SDHC™カードに対応し、 転送速度は、最大30MB *2です。

 デジタル一眼レフカメラの技術向上が、より高画質の写真撮影と動画撮影を実現し、メモリーメディアの技術向上が大容量とハイパフォーマンスを可能にしました。

この新しいImageMate® USB2.0リーダー/ライターは、カメラとメディアの技術向上の成果を、より簡単に、早くかつ安全に保存するという新たな役割を担うことになります。

価格と発売時期、および製品情報

  • 価格はオープン価格。
  • 日本での発売時期は2009年2月中旬。
  • ImageMate® オールインワンUSB2.0リーダー/ライターは、主要なメモリーカードのフォーマットに対応します。
  • ImageMate® 30MB/s Edition SDHC対応 USB2.0リーダー/ライターはExtreme® 30MB/s Edition SDHC カードに最適です。
  • 付属のメタルスタンドは簡単に取り外すことができ、デザインもスタイリッシュな仕上がりです。
  • ImageMate® USB2.0リーダー/ライターは、ハイスピードUSB2.0をサポートし、USB1.1ポートとの下位互換性があります。
  • 本製品の保証期間は、製品購入後2年間が適用。

* 実際のパフォーマンスは、カード及びホストデバイスによって異なる場合があります。1MB=100万バイト

*1 サンディスクExtreme® IV 45MB/s CF カードを使用した場合社内テスト結果では最大34 MB/sの読み出し/書き込み速度を測定。
*2 サンディスク Extreme® III 30MB/s Edition SDHCカードを使用した場合の、最大30 MB/sの読み出し速度と27MB/sの書き込み速度を測定。

SanDisk、SanDisk ロゴ、SanDisk Extreme、Compact Flash、そしてImageMateは、米国およびその他各国でのSanDisk Corporationの登録商標です。microSDとmicroSDHCはSD-3C、LLCの商標です。ここに記載されているその他のブランド名は、識別のみを目的として使用されており、各所有者に帰属する商標である可能性があります。

このプレスリリースには、新製品の投入、用途、市場性、および顧客に関する弊社の予測に基づいた見込みなどの見通し情報が記載されておりますが、各種リスクおよび不確実性により、その見通しが必ずしも正確でなくなる可能性があります。これらの見通し情報を不正確にしかねないリスクとしては、弊社製品に対する市場での需要拡大ペースが弊社の予想を下回る、対象となる新市場での弊社製品の普及ペースが遅い、製品が予定どおりの性能で機能しない、予定している価格、地域、数量、時期では製品を供給できない、などのリスクが挙げられ、それ以外に、年次報告書(Form 10-K)および四半期報告書(Form 10-Q)をはじめと する米国証券取引委員会への申告および報告によって詳細が刻々と変化するその他のリスクもあります。弊社では、本プレスリリースに記載されている情報を変更する考えはありません。


 

サンディスクコーポレーションは、フラッシュストレージカードの発明者であり、世界最大のカード供給会社です。研究、製造、製品設計分野からコンシューマー向けブランド構築、小売に至るまで手がけるフラッシュメモリのグローバルリーダーです。サンディスクの製品ラインナップは、携帯電話、デジタルカメラ、およびビデオカメラ、Sansa®デジタルオーディオ/ビデオプレーヤー用のフラッシュメモリカード、コンシューマーおよび企業向けUSBフラッシュメモリ、モバイル機器向けの組み込みメモリ、コンピュータ用のソリッドステートディスクなど多岐にわたります。サンディスク(www.sandisk.co.jp/corporate)は、シリコンバレーを本拠地とするS&P500採用企業であり、売上の50%以上は米国以外の市場で挙げています。

サンディスク株式会社は、新横浜に本社を置き、東京、新杉田、大船、四日市にオフィスがあり、日本での営業拠点ならびにNANDフラッシュメモリの開発・製造を行っています。
サンディスクの製品及び経営陣の写真のダウンロードは以下にアクセスして下さい:
http://www.sandisk.co.jp/Corporate/MediaKit/
サンディスクのwebサイト/ホームページへのアクセスアドレスは以下の通りです:
www.sandisk.co.jp

  

 

 

メディア連絡先

サンディスクのプレス連絡先

press@sandisk.com