プレスリリース

サンディスク、世界初の高性能4ビット/セル(X4)フラッシュメモリ技術を発表

2009年 02月 17日

  • フラッシュメモリ製品で最大の容量:シングルダイのメモリチップで64ギガビットを実現
  • 書き込み速度は現行のMLC技術と同等
  • 43ナノメートル(nm)プロセス技術による64ギガビットX4の生産を2009年上半期に開始

* このリリースは2009年2月10日 (現地時間) にISSCC国際会議 米国カリフォルニア州で発表されたリリースの抄訳です。

2009年2月18日(同月10日ISSCC国際会議、カリフォルニア州サンフランシスコ発)サンディスク・コーポレーション(NASDAQ:SNDK)は本日、世界初の高性能4ビット/セル(X4)のフラッシュメモリの量産を開始すると発表しました。このメモリは業界をリードするサンディスクのMLC(マルチレベルセル)技術を基盤として、43ナノメートル(nm)プロセス技術によって製造されます。業界最大の64ギガビット(Gb)容量がシングルダイで実現可能となるため、もっとも要求の厳しいストレージアプリケーションに最適です。また、サンディスクはX4メモリの複雑性と性能要件を効率的に管理する最新のX4コントローラも製造しており、このX4コントローラチップとX4メモリチップを組み合わせてマルチ・チップ・パッケージ(MCP)とし、低コストのストレージソリューションを統合された完全な形で提供します。

サンディスクのメモリ技術・製品開発担当シニアバイスプレジデントであるカンカー・クァダーは次のように述べています。「X4メモリとX4コントローラ技術の開発は、フラッシュメモリストレージにとって画期的な出来事です。この技術は、将来にわたって当社に重要なメリットをもたらし、NAND型フラッシュメモリの容量拡張に決定的な役割を果たすでしょう。64ギガビットのX4メモリは数多くの革新的技術の結実であり、大容量のストレージを必要とする音楽、動画、写真、GPS、ゲームなどのアプリケーションに適した性能とコストを備え、マルチビットフラッシュメモリにおけるサンディスクの主導的立場を明確に示しています」。

X4フラッシュメモリの革新的技術
サンディスクは、東芝と共同で43ナノメートル技術による64ギガビットのフラッシュメモリ・チップを開発しました。東芝は、高性能フラッシュメモリの開発と製造において、サンディスクと協力関係にあります。新しい43ナノメートル技術を採用した64ギガビットのX4チップは容量およびフラッシュメモリダイの集積度ともに世界最高であり、今年から生産が開始されます。また、データの書き込み速度は7.8MB/秒で、現行のMLC技術に匹敵します。サンディスクが特許を持つABL(All-Bit-Line)アーキテクチャは、新たに導入されたTSP(Three-Step Programming)とSSC(Sequential Sense Concept)とともに、X4チップの画期的な性能を実現するために重要な役割を果たしています。

X4コントローラ技術の重要性
サンディスクは、この複雑な4ビット/セル技術がもたらす問題に対処するため、高度なシステムを管理する様々な革新的ソリューションを開発しました。サンディスクが開発・製造するX4コントローラは、特別にストレージシステム向けに開発されたエラー訂正コード(ECC)方式を初めて採用し、4ビット/セルに必要となる16レベルの分布に適応した作りとなっています。

サンディスクの次世代技術・技術革新担当バイスプレジデントであるメナハム・ラッサーは、次のように述べています。「優れた性能を低コストで提供する4ビット/セル技術を実現するには、マルチレベル・ストレージにおいて高度なシステムレベルの技術革新が必要となります。当社のX4コントローラ技術はメモリ管理と信号処理方式を備え、4ビット/セルメモリ独自の要件に応えるために不可欠であり、高性能フラッシュメモリソリューションを設計・製造するサンディスクの能力を示しています」。

サンディスクと東芝は本日、2009年半導体国際学会ISSCC(国際固体素子回路学会)において、43ナノメートル技術ノードによる64ギガビット4ビット/セルNAND型フラッシュメモリの開発を実現させた主要な技術的進展について説明する技術論文を発表しました。サンディスクは、1年前に2008年半導体国際学会でX3(3ビット/セルNAND)技術を発表しており、この発表が、2009年ISSCC「Lewis Winner Outstanding Paper Award」を受賞しました。

サンディスクについて
サンディスクコーポレーションは、フラッシュストレージカードの発明者であり、世界最大のカード供給会社です。研究、製造、製品設計分野からコンシューマー向けブランド構築、小売に至るまで手がける フラッシュメモリのグローバルリーダーです。サンディスクの製品ラインナップは、携帯電話、デジタルカメラ、およびビデオカメラ、デジタルオーディオ/ビデオプレーヤー用のフラッシュメモリカード、コンシューマーおよび企業向けUSBフラッシュメモリ、モバイル機器向けの組み込みメモリ、コンピュータ用のソリッドステートディスクなど多岐にわたります。サンディスク(www.sandisk.co.jp/corporate)は、シリコンバレーを本拠地とするS&P500採用企業であり、売上の50%以上は米国以外の市場で挙げています。  


サンディスクの製品および役員の写真は以下のサイトからダウンロードできます。
http://www.sandisk.co.jp/corporate/media.asp
SanDiskのWebサイト(ホームページ)アドレス:http://www.sandisk.co.jp

1 1ギガバイト = 10億バイト

SanDiskとSanDisk ロゴは、米国およびその他各国でのSanDisk Corporationの登録商標です。ここに記載されているその他のブランド名は、識別のみを 目的として使用されており、各所有者に帰属する商標である可能性があります。

メディア連絡先

サンディスクのプレス連絡先

press@sandisk.com