プレスリリース

サンディスク、世界最速の大容量コンパクトフラッシュ、サンディスク・エクストリーム®・プロ™を9月19日(土)に新発売

2009年 09月 14日

独自の高性能コントローラの搭載により、カードの耐久性を最適化し、
最大90MB/秒の読取り/書込み速度を実現

サンディスク株式会社(本社:横浜市港北区)は本日、コンパクトフラッシュの新製品であるサンディスク・エクストリーム®・プロ™・コンパクトフラッシュ®カードを発表しました。サンディスク・エクストリーム・プロ・コンパクトフラッシュカードは、サンディスクが独自に開発した最新のコントローラである「サンディスク・パワー・コア™・コントローラ」を搭載し、これまでのサンディスク製ハイエンド・カードの2倍の性能となる、最大で90MB/秒1の読取り/書込み速度を実現しました。このカードは16GB2から64GBまでの容量を取り揃え、日本では9月19日(土)に発売を開始します。

サンディスクのリテール・プロダクト・マーケティングのバイス・プレジデント、エリック・ボーンは、「今回発売されたサンディスク・エクストリーム・プロ・コンパクトフラッシュカードは、プロカメラマンや写真愛好家向けに最高品質のフラッシュメモリーカードを提供しようとするサンディスクの情熱と、最新の技術革新とが結集してできたものです。従来の製品とは比較にならない書込み速度と高い信頼性を可能にするサンディスク・パワー・コア・コントローラの採用により、カードの性能と信頼性も高まり、写真家は撮影した画像が確実にこの大容量カードに記録されているという安心感が得られます」と述べています。

サンディスクはフラッシュコントローラとメモリーチップの両方を開発しており、テスト・プロセスを通じてこの2つの技術を入念に精査し、業界一の耐久性を持つ高性能な製品を完成させました。サンディスク・パワー・コア・コントローラの搭載で、サンディスク・エクストリーム・プロ・コンパクトフラッシュカードは、以下のような利点を提供できるようになりました。

  • 高性能
    サンディスク・パワー・コア・コントローラのデュアルレーン・アーキテクチャとソフトウェア・アルゴリズムにより、カード性能が2倍に向上しました。そのため、UDMA6バスに対し、サンディスク・エクストリーム・プロ・コンパクトフラッシュカードは最大90MB/秒の読取り/書込みが可能になりました。
  • 信頼性の向上
    サンディスク・パワー・コア・コントローラに搭載されたファームウェア・アルゴリズムと42ビットECCエンジンが撮影したデータを確実に保存し、最適化されたウェアレベリング(書換え回数平準化)の技術により、カードの耐久性が高まりました。
  • シンプルな製品設計
    サンディスク・パワー・コア・コントローラは製品設計の集積化を徹底し、カードのプリント基板上の部品数を減少させることによりカード全体の耐久性を向上しています。

株式会社ニコンマーケティング本部 ゼネラルマネジャー 笹垣信明氏は次のように語っています。「最高峰レベルのメモリーカードは、ニコンの高性能一眼レフカメラの性能から最適な成果を引き出すために重要な役割を果たします。90MB/秒の読取り/書込みスピードを持つサンディスクのエクストリーム プロ コンパクトフラッシュは、一眼レフカメラの性能を最大限に引き出してくれるでしょう。」

プロフェッショナルカメラマンの権藤和也氏は、「我々カメラマンにとって、デジタルであっても長期間安心して大切な作品を保存できるRAW画像データは、理想的な保存形式といえます。超高速で大容量のサンディスク エクストリーム プロにより、今後はRAW +JPEG画像で写真を残していくという習慣が当たり前の時代になるのではないかと思います。また、大容量高画質写真の連続撮影もストレスなく行え、決定的瞬間をより確実に撮影できるようになります。このような高性能カードの登場は、カメラや関連機材・サービスなどの革新をももたらすことでしょう。」と語っています。

 

その他の製品特徴

  • -25℃~85℃の温度での動作を保証
  • 湿気対策としてRTVシリコン・コーティングを採用
  • 約3メートルの高さから落としてもその衝撃に耐え得る耐久性を保持
  • あらゆるカメラやカードリーダー、コンパクトフラッシュカード関連機器との互換性3
  • 無期限保証4

 サンディスク・エクストリーム®・コンパクトフラッシュ®カード
サンディスクは、サンディスク・エクストリームⅢコンパクトフラッシュカードの後継品となる、サンディスク・エクストリーム・コンパクトフラッシュカードも同時に発表しました。従来品の2倍の性能となる60MB/秒の読取り/書込み速度となります。容量は8GB、16GB、32GBを取り揃えております。

製品の発売日と価格
サンディスク・エクストリーム・プロ・コンパクトフラッシュカード並びにサンディスク・エクストリーム・コンパクトフラッシュ カードは、両製品ともオープン価格で、9月19日(土)に同時発売します。

コンパクトフラッシュカード製品ライン 性能1 容量2
サンディスク・エクストリーム®・プロ™ 90MB/秒で読取り/書込み可(600倍速) 16GB, 32GB, 64GB
サンディスク・エクストリーム® 60MB/秒で読取り/書込み可(400倍速)td> 8GB, 16GB, 32GB


 

サンディスク エクストリーム プロ コンパクトフラッシュ 64GB

サンディスク エクストリーム コンパクトフラッシュ 32GB

サンディスク・エクストリーム・エクスプレスカード™・アダプター
サンディスクは、サンディスク・エクストリーム・エクスプレスカード™・アダプターの発売を予定しています。この製品は、最大90MB/秒の読取り/書込み速度を持つサンディスク・エクストリーム・プロ・コンパクトフラッシュカードの性能を十分に引き出すことができます。日本では、2010年に発売を予定しています。


1 最大90MB/秒で読取り/書込み可。これは社内テストの結果であり、パフォーマンスはホストデバイスによって異なる可能性があります。1メガバイト(MB)=100万バイト。1倍速=150KB/秒。
2 1ギガバイト(GB)=10億バイト。すべての容量をデータ保存のために使用することはできません。
3 サンディスク・エクストリーム・プロ・コンパクトフラッシュカードの実際の読取り/書込み速度は、ホストデバイスによって異なる場合があります。
4 保証期間は国によって異なる場合があります。

 サンディスクについて
サンディスクコーポレーションは、フラッシュストレージカードの発明者であり、世界最大のカード供給会社です。研究、製造、製品設計分野からコンシューマー向けブランド構築、小売に至るまで手がけるフラッシュメモリのグローバルリーダーです。サンディスクの製品ラインナップは、携帯電話、デジタルカメラ、およびデジタルビデオカメラ、Sansa® デジタルオーディオプレイヤー/ビデオプレーヤー用のフラッシュメモリーカード、コンシューマーおよび企業向けUSBフラッシュメモリ、モバイル機器向けの組み込みメモリ、コンピュータ用のソリッドステートドライブなど多岐にわたります。サンディスク(www.sandisk.co.jp/corporate)は、シリコンバレーを本拠地とするS&P500採用企業であり、売上の50%以上は米国以外の市場で挙げています。
サンディスク株式会社は、新横浜に本社を置き、東京、新杉田、大船、四日市にオフィスがあり、日本での営業拠点ならびにNANDフラッシュメモリの開発・製造を行っています。

メディア連絡先

サンディスクのプレス連絡先

press@sandisk.com