プレスリリース

サンディスク、32ギガバイトのmicroSDHCカードの発売を開始

2010年 12月 26日

 

サンディスク株式会社(本社:東京都港区)は本日、最大容量となる携帯電話向けメモリーカードとなる32ギガバイト(GB)(注1)のサンディスク microSDHCTMカード(Class4)の発売を開始したと発表しました。microSDHCのClass4は、すでに4GB、8GB、16GBを発売しており、32GBは、これまでの最大容量となります。

スマートフォン市場は、アンドロイド携帯端末などの普及を弾みとし、大きな成長を遂げています。スマートフォンは、モバイルオフィス、カメラ、ビデオレコーダー、モバイルインターネットなどの様々な機能を備え、アプリケーションのダウンロードや音楽、高画質写真などのユーザーデータの保存に相当のメモリ容量が必要になっています。32GBのサンディスク microSDHCカードは、即座にメモリを拡張し、大容量メモリを必要とする高機能携帯電話の性能を存分に引き出すことが可能となります。
 

信頼の耐久性
サンディスクのSDHCTMおよびSDTMならびにmicroSDHCTM およびmicroSDTMの全ラインアップは、日常のトラブルから大切なメモリーを守るために、さまざまな厳しい条件下でテストされており、以下のような高い信頼性を備えています(注釈2)。今回新発売したmicroSDHCカードも同様に適用されています。

防水性:                 水深1mの海水または淡水で最大72時間の耐久性があります(注釈3)
温度耐性:             -25ºC~85ºCの温度で動作する耐久性があります。
 衝撃・振動耐性:  最大500Gsの衝撃に対する耐久性があります。
衝撃耐性:            最大5mから落下しても、5tトラックに轢かれても壊れません。
X線・磁気耐性:    空港のX線検査による影響や磁気によるダメージを受けません。

サンディスクのmicroSDHCTMカード32GBは、スピードクラス4で、価格はオープン、保証期間は5年間です。
また、サンディスク microSDHC/microSDカードは、現在16、8、4、2GBの各容量帯  を揃えております。


注釈1:1ギガバイト(GB) = 10億バイト。すべての容量をデータ保存のために使用することはできません。
注釈2:詳細は、 http://www.sandisk.co.jp/Corporate/proof をご覧ください。
注釈3:IEC 529 IPX7、製品は使用前に汚れを落とし乾燥させる必要があります。
 
© 2010 SanDisk Corporation. All rights reserved.
サンディスク、サンディスク・ロゴはサンディスクコーポレーションのトレードマークであり、米国及び海外諸国で登録されています。SD、SDHCマークおよびロゴはSD-3C LLCのトレードマークです。本リリース内で記述されている他のブランド名は識別の目的で記されたものであり、それぞれの登録者のトレードマークである場合があります。

本リリースには新製品の発表、仕様、アプリケーションおよび市場についてなど、将来の見通しに関する記述がありますが、これは現時点での予想に基づく予測であり、様々なリスクの起因により、不正確になる可能性があります。将来の見通しに関する記述が不正確となることを起因するリスクには以下が含まれますが、それらに限定されるものではありません。そのリスクには製品が期待通りの性能を発揮しない、製品が期待通りの期日に入手可能とならない、書式10-K及び書式10-Qに基づく四半期業績報告を含めた有価証券及び株式取引委員会へ提出の書類と報告書に随時詳細が記される他のリスク類がありますが、それらに限定されるものではありません。尚、サンディスクは本リリースに含まれる情報を更新する予定はございません。

サンディスクについて
フラッシュメモリーカードで世界をリードしているサンディスクコーポレーションは、フラッシュストレージカードの発明者であり、世界最大のカード供給会社です。研究、製造、製品設計分野からコンシューマー向けブランド構築、小売に至るまで手がけています。サンディスクの製品ラインナップは、携帯電話、デジタルカメラ、およびデジタルビデオカメラ、ゲーム機向けのフラッシュメモリーカード、デジタルオーディオプレイヤー、コンシューマーおよび企業向けUSBフラッシュメモリ、モバイル機器向けの組み込みメモリ、コンピュータ用のソリッドステートドライブなど多岐にわたります。サンディスク(www.sandisk.co.jp/corporate)は、シリコンバレーを本拠地とするS&P500採用企業であり、売上の50%以上は米国以外の市場で挙げています。

サンディスク株式会社は、東京に本社を置き、大船、四日市にオフィスがあり、日本での営業・マーケティング業務拠点ならびにNANDフラッシュメモリの開発・製造を行っています。

メディア連絡先

サンディスクのプレス連絡先

press@sandisk.com