プレスリリース

パナソニック 、サムスン、サンディスク、ソニー、東芝の5社が、 次世代セキュアメモリーソリューションで協力

2011年 12月 19日

5社が共同で「次世代セキュアメモリーイニシアティブ」設立を計画

2011年12月20日- パナソニック株式会社、サムスン電子株式会社、サンディスク コーポレーション、 ソニー株式会社、株式会社東芝は、SD カード等のフラッシュメモリーカードや様々なストレージデバイス用の新しいコンテンツ保護技術の普及について原則協力していくことで合意しました。 「次世代 セキュア メモリーイニシアティブ」*1の下で、5社は、タブレットやスマートフォンのような先進的な消費者向け応用機器で利用されているSD カードと組み込みメモリーのためのHD画質 (高精細)対応セキュリティー技術のライセンスおよびその普及活動のための準備を開始いたします。

このコンテンツ保護ソリューションは、HD画質 コンテンツを保護するのに十分強靭なものです。フラッシュメモリーのユニークなID(個体識別)技術と公開鍵基盤に基づいた強靭なコピー防止システムを含めて、イニシアティブの技術の利用を通して、高次元のコンテンツセキュリティーが実現されるでしょう。

また、この技術の活用によって HD ネットワークダウンロード、HD放送コンテンツの持ち出し、 ブルーレイディスクからのHDデジタルコピー/マネージドコピーのような様々な HD 画質コンテンツの応用展開が可能になります。 これらの応用展開によって、ユーザーが、 Androidベースのスマートフォンやタブレット、あるいはTVと ブルーレイなどの幅広い機器で、 HD 画質コンテンツを楽しむことができるようになります。

5社は、来年の早い時期に、新しいセキュアメモリー技術のライセンスを開始することを可能にするため、協力していきます。種々のフラッシュメモリー製品と組み込みフラッシュメモリーソリューションにこの技術が採用され、2012年に市場導入されることを、5社は期待しています。

*1) 「次世代 セキュア メモリーイニシアティブ」は仮称です

メディア連絡先

サンディスクのプレス連絡先

press@sandisk.com