プレスリリース

【カリフォルニア州ミルピタス発抄訳リリース】サンディスク、法人向け高性能ソリッドステートドライブ製品、サンディスク® X100を発表

2012年 02月 13日

最大500MB/秒のシーケンシャル読取り速度と最大420MB/秒の書込み速度を実現し、 様々な容量とフォームファクタで提供

2012年2月14日(カリフォルニア州ミルピタス発)-フラッシュメモリーストレージソリューションで世界をリードするサンディスクコーポレーション(NASDAQ: SNDK)は本日、クライアントコンピューター市場をターゲットにした法人向けソリッドステートドライブ(SSD)製品「サンディスク® X100」を発表しました。最大512GB(注釈1)の容量で提供されるサンディスク® X100 SSDには、マルチレベルセル(MLC)技術、6Gb/秒の高性能SATAインターフェース、高度なマルチストリーミング機能、階層型のキャッシュ技術が搭載されています。

このドライブのシーケンシャル読取り、書込み速度はそれぞれ最大500MB/秒(注釈2)、420MB/秒で、4GBのHD動画を10秒未満でコピーすることが可能です。標準の2.5インチのフォームファクタに加え、mSATAやカスタマイズされた薄型フォームファクタでも提供され、新たな超薄型ノートパソコン市場に対応します。またコンフィギュレーションの選択肢も、独立型やデュアルドライブのキャッシュソリューションなど幅広く提供します。

サンディスクのクライアントストレージソリューション担当シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのケビン・コンリーは、「X100 SSDの発表により、当社は法人顧客にSSDストレージの包括的な選択肢を提供することが可能となります。最小となるBGAフォームファクタのiSSD、低消費電力のU100、そして高性能と高容量を誇る新製品のX100まで、サンディスクは、ノートパソコン、デスクトップ、超薄型ノートパソコンメーカーのニーズに対応するソリューションを提供します」と述べています。

サンディスク® X100 SSDは、バックグラウンドでの堅牢な常時エラーチェックや高度なNANDリカバリー機構によって、長期的な信頼性を実現しており、現在はパソコンメーカーへのサンプル出荷および量産向けに出荷されています。

仕様

性能 • シーケンシャル読取り、書込み速度はそれぞれ最大500MB/秒、420MB/秒
容量 • 512GB 、256GB 、128GB 、64GB 、32GB
フォームファクタ • 2.5インチ7mm厚または9.5mm厚のケース、mSATA、カスタムフォームファクタ
インターフェース • SATA 6Gb/秒
消費電力 • 動作時(標準)**:150mW @ 3.3V)
• スタンバイ時(標準)***:75mW (@ 3.3V)
信頼性 • MTBF最大200万時間(注釈3)
対象
プラットフォーム
• Ultrabook、ノートパソコン、デスクトップパソコン

 


注釈1:1ギガバイト(GB)=10億バイト。すべての容量をデータ保存のために使用することはできません。
注釈2:サンディスクの社内試験に基づきます。性能はホストデバイス、OS、アプリケーションにより異なる場合があります。性能値は256GB以上の製品に当てはまるものです。
注釈3:MTBF:パートストレス分析に基づく平均故障間隔。
* AVI形式のHD動画によるサンディスク社内試験に基づきます。
** MobileMark® 2007ワークロードによる測定。
*** Slumber(SATA PHYステート)電力モードでDIPMを有効にした状態で測定。

© 2012 SanDisk Corporation. All rights reserved.
サンディスク、サンディスク ウルトラ、サンディスク エクストリーム、サンディスク・ロゴはサンディスクコーポレーションのトレードマークであり、米国及び海外諸国で登録されています。iSSDはサンディスクコーポレーションのトレードマークです。本リリース内で記述されている他のブランド名は識別の目的で記されたものであり、それぞれの登録者のトレードマークである場合があります。

本リリースには新製品、アプリケーションおよび特徴についてなど、将来の見通しに関する記述がありますが、これは現時点での予想に基づく予測であり、様々なリスクと不確実な要素を含んでいるため、不正確になる可能性があります。将来の見通しに関する記述を不正確とさせるリスクには、製品が期待通りの価格もしくは国と地域、容量帯で提供されない、製品が期待通りの性能を発揮しない等のほか、年次報告書(Form10-K)及び四半期報告書(Form 10-Q)等米国証券取引委員会に提出される報告書類に適時詳細が記される他のリスクがありますが、それらに限定されるものではありません。尚、サンディスクは本リリースに含まれる情報を更新する予定はございません。

サンディスクについて
フラッシュメモリーカードで世界をリードしているサンディスクコーポレーションは、フラッシュストレージカードの発明者であり、世界最大のカード供給会社です。研究、製造、製品設計分野からコンシューマー向けブランド構築、小売に至るまで手がけています。サンディスクの製品ラインナップは、携帯電話、デジタルカメラ、デジタルビデオカメラおよびゲーム機向けのフラッシュメモリーカード、デジタルオーディオプレイヤー、コンシューマーおよび企業向けUSBフラッシュメモリー、モバイル機器向けの組み込みメモリ、コンピュータ用のソリッドステートドライブなど多岐にわたります。サンディスク(www.sandisk.co.jp/corporate )は、シリコンバレーを本拠地とするS&P500採用企業であり、売上の50%以上は米国以外の市場で挙げています。 サンディスク株式会社は、東京に本社を置き、大船、四日市にオフィスがあり、日本での営業・マーケティング業務拠点ならびにNANDフラッシュメモリーの開発・製造を行っています。

メディア連絡先

サンディスクのプレス連絡先

press@sandisk.com