プレスリリース

【カリフォルニア州ミルピタス発抄訳リリース】サンディスク、Diskeeper社との戦略的提携によりクライアント向けコンピュータ用SSDのパフォーマンスを改善

2012年 02月 14日

サンディスクのフラッシュメモリーとDiskeeperのキャッシュソフトウェアを
最適化して組み合わせ、ウルトラブックPC向けに提供

2012年2月15日(カリフォルニア州ミルピタス発)-フラッシュメモリーストレージソリューションで世界をリードするサンディスクコーポレーション(NASDAQ: SNDK)は本日、業界で有力なキャッシュソフトウェアソリューションの提供を受けるグローバルの独占契約をDiskeeper社との間で締結したことを発表しました。サンディスクは、この契約に基づき、Diskeeperのソリューションを単独のソフトウェア製品およびサンディスクのクライアント向けコンピュータ用SSD製品とバンドルして提供します。ハードウェアとソフトウェアを組み合わせたこのソリューションにより、OEMメーカーは、応答性と性能に優れたウルトラブックPCや超薄型PC製品などの最適化されたコンピュータ機器を構築することが可能となり、より良いユーザー体験を世界中の消費者に提供できるようになります。

今回の契約に基づき、サンディスクはまず初めに、デュアルドライブ(SSDとHDDの組み合わせ)のストレージ構成でシステムの全般的なパフォーマンスと起動時間を改善するDiskeeperのソフトウェア製品ExpressCache ® とNowOnの独占的ライセンスを受けます。サンディスクは、現在様々な開発段階にある他のDiskeeper製品のライセンスについても、クライアントおよびエンタープライズ向けのコンピューティング市場、モバイル市場に向けて提供できるようになります。なお、本契約の詳細についてこの他に明らかにされている内容はありません。

サンディスクのクライアントストレージソリューション担当シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのケビン・コンリーは、「Diskeeperの主力ソフトウェアのExpressCacheとNowOnを、サンディスクの幅広く柔軟なクライアント向けSSDソリューションと組み合わせることで、ウルトラブックPCの要件に対応する最も低コストで小型のソリューションを提供します。これらのソフトウェアソリューションを当社のラインナップに加え、急成長するこの市場において単体およびバンドルとして提供できることをうれしく思います」と述べています。

Diskeeper社のCEOであるジェリー・ボールドウィン氏は、「サンディスクとの提携は、SSDのコンピュータへの採用を加速する非常に重要な要素であると考えています。サンディスク製SSDの卓越したパフォーマンスと耐久性を当社のExpressCacheやNowOnといった製品と組み合わせ、消費者製品のOEMメーカーに、ウルトラブックなどのコンピュータープラットフォームで使用できる業界でも有力な性能最適化ソリューションを提供します」と述べています。

コンピュータ向けのキャッシュソリューションは、頻繁にアクセスのある情報を保存して迅速に読み出すための記憶領域を提供します。高性能のフラッシュメモリーベースのキャッシュと先進のキャッシュソフトウェアと組み合わせることで、全般的なシステムコストを抑制しつつ、ハードディスクドライブ(HDD)ベースのソリューションの性能を改善します。小型、低消費電力、高性能、信頼性といった、フラッシュメモリーの特徴を最大限に活用するアプリケーションやデバイスでは、HDDに代わる完全なSSDソリューションを使用することが可能です。

Diskeeper社について
Diskeeper Corporationはアプリケーションの運用効率や機器寿命を最適化して維持し、技術や人とビジネスの生産性を向上する高性能ソフトウェアを開発しています。30年以上にわたる製品革新の取り組みにおいて、Diskeeperは、顧客のニーズを把握し、物理・仮想の両分野におけるデータストレージのパフォーマンスに関連する技術の変革に対応することで成功を収めてきました。Diskeeperは、ユーザーの実際のニーズに対応するソリューションの提供に向けて取り組んでいます。

サンディスクについて
フラッシュメモリーカードで世界をリードしているサンディスクコーポレーションは、フラッシュストレージカードの発明者であり、世界最大のカード供給会社です。研究、製造、製品設計分野からコンシューマー向けブランド構築、小売に至るまで手がけています。サンディスクの製品ラインナップは、携帯電話、デジタルカメラ、デジタルビデオカメラおよびゲーム機向けのフラッシュメモリーカード、デジタルオーディオプレイヤー、コンシューマーおよび企業向けUSBフラッシュメモリー、モバイル機器向けの組み込みメモリ、コンピュータ用のソリッドステートドライブなど多岐にわたります。サンディスク(www.sandisk.co.jp/corporate)は、シリコンバレーを本拠地とするS&P500採用企業であり、売上の50%以上は米国以外の市場で挙げています。
サンディスク株式会社は、東京に本社を置き、大船、四日市にオフィスがあり、日本での営業・マーケティング業務拠点ならびにNANDフラッシュメモリーの開発・製造を行っています。


本リリースには、Diskeeperのキャッシュソフトウェアソリューションと当社のSSD製品を組み合わせた製品が対象とする市場に関する予測、この新製品の利点や競争力の予測、およびサンディスクのSSDソリューションへの影響の予測など、将来の見通しに関する記述がありますが、これは現時点での当社の予想に基づく予測であり、様々なリスクや不確定要素により、不正確となる可能性があります。将来の見通しに関する記述が不正確となるリスク要因には、Diskeeperのソリューションを取り入れた製品を含む当社のSSD製品に対する市場の需要が当社の予想より伸び悩み、または競合製品がより優れた機能を搭載し、より操作しやすく、または安価であるため、Diskeeperのソリューションを取り入れた製品を含む当社製品より顧客に支持される可能性、当社の製品やDiskeeperのソリューションを取り入れたものが予想通りに機能しない可能性、最新の四半期報告書10-Q及び年次報告書10-Kなど、当社が米証券取引委員会に提出する書類や報告書の「リスク要因」その他の項に随時詳述する他のリスクなどがあります。尚、当社は本リリースの内容を更新する予定はありません

メディア連絡先

サンディスクのプレス連絡先

press@sandisk.com