プレスリリース

【カリフォルニア州ミルピタス発抄訳リリース】サンディスク、世界最小128Gb NANDフラッシュメモリーチップを開発

2012年 02月 21日

2012年2月22日(カリフォルニア州ミルピタス発)- フラッシュメモリーストレージソリューションで世界をリードするサンディスクコーポレーション(NASDAQ: SNDK)は本日、世界最小の128ギガビットのNANDフラッシュメモリーチップを開発し、生産段階にあることを発表しました。この半導体デバイスは、面積約1.7平方センチのシングルシリコンダイで、1セントのコインよりも小さな領域に128ギガビットの情報を記録できます。

NANDフラッシュメモリーをスマートフォン、タブレット、ソリッドステートドライブといったハイテク機器に利用することで、顧客の求める高機能で小型のデバイスを進化させることができます。NANDフラッシュメモリーの小型化により、コストを抑えながらも、さらにサイズが小さくて強力なコンピュータや通信機器、家電製品の製造が可能となります。

今回の128ギガビット(Gb)のNANDフラッシュメモリーチップは、業界でも最先端の19ナノメーター(nm)プロセス技術に基づいて生産されています。1ナノメーターは、1メートルの10億分の1で、19nmの回路線幅は非常に細く、約3000本の回路線が人間の髪の毛の太さに相当します。また、サンディスクの3ビット/セル技術を採用しているため、各メモリーセルに3ビットの情報を読み書きできるNANDフラッシュメモリーの生産が可能となります。

サンディスクは現在、19nmで第9世代となるマルチレベルセルで第5世代となるX3テクノロジー製品を展開していますが、今後はこれらの生産・技術上の専門性を組み合わせ、より多くの情報を各メモリーセルに格納し、より小型で密度の高いNANDフラッシュメモリーチップを製造できるようになります。

メモリーデザイン担当バイスプレジデントのメールダッド・モフィディは、「128Gbの3ビット/セルのNANDフラッシュメモリーチップでこの水準の量産技術を実現したことは驚異的といえます。このようなイノベーションがあるからこそ、サンディスクは、当社の顧客企業がより多くのことをより低いコストで実現できる小型でパワフルな製品を提供できるように支援して、業界をリードし続けることができるのです」と述べています。

小型化に加え、この128Gbの半導体デバイスの書込み性能は3ビット/セルとしては業界最高水準の18メガバイト(MB)/秒を達成しています。この性能水準は、サンディスクの特許取得済みのABL(オール・ビット・ライン)構造を利用して実現されており、X3テクノロジーは、MLC NANDフラッシュメモリーが使われている製品カテゴリーへ導入されることになります。この画期的な成果についてまとめた技術論文は、本日サンフランシスコで開催されるISSCC(国際固体素子回路会議)で発表される予定です。

この128GbのNANDフラッシュメモリーチップは、サンディスクのヤン・リーをプロジェクトの主任技術者とするサンディスクと東芝の共同チームにより開発されました。128Gbの3ビット/セル技術に基づくサンディスクの製品は昨年後半より出荷が開始され、すでに大量生産の段階に入っています。またサンディスクは128Gbチップの成功に基づく派生技術として、64Gbの3ビット/セルNANDフラッシュメモリーチップをすでに業界標準のmicroSDカテゴリに使用しています。

NANDフラッシュメモリーは、スマートフォン、タブレット、Ultrabook PCなど幅広い製品向けにサンディスクがOEM顧客に提供する信頼性の高い小さなフォームファクタのストレージソリューションを支える技術です。また、小売店を通してイメージング向け、モバイル向け、USBメモリ、MP3プレーヤーなどの形で販売する製品にもこの技術が利用されています。

サンディスクについて
フラッシュメモリーストレージソリューションで世界をリードしているサンディスクコーポレーションは、R&D、製品設計、製造分野からOEMおよびリテールチャネル向けブランディング、小売に至るまで手がけています。1998年の設立以来、フラッシュメモリーおよびストレージシステムテクノロジーにおけるサンディスクのイノベーションはお客様へ全く新しいデジタルエクスペリエンスとして提供されています。サンディスクの製品ラインナップは、フラッシュメモリーカードやスマートフォン、タブレット、デジタルカメラ、ビデオカメラ、デジタルメディアプレイヤー、その他の家電機器に使用されている組込みソリューション、USBフラッシュメモリー、コンピュータ用のソリッドステートドライブなど多岐にわたります。サンディスク製品は世界中のコンシューマーおよび企業に使われています。

サンディスクは、シリコンバレーを本拠地とするS&P500採用企業およびフォーチュン500企業で、米国外での売上が全売上の半分以上を占めています。詳しくは、www.sandisk.comをご覧ください。


© 2012 SanDisk Corporation. All rights reserved.
サンディスク、サンディスク・ロゴはサンディスクコーポレーションのトレードマークであり、米国及び海外諸国で登録されています。microSDはSD-3C LLCのトレードマークです。本リリース内で記述されている他のブランド名は識別の目的で記されたものであり、それぞれの登録者のトレードマークである場合があります。

 

<本件に関する報道関係の方のお問い合わせ>
サンディスク株式会社 広報担当 羽田野(はたの)
TEL:03-4334-7102 FAX:03-5463-2013
E-mail: sandiskpr.japan@sandisk.com

ブルーカレント・ジャパン株式会社
サンディスク広報担当:
大久保(おおくぼ)、永瀧(えいたき)
TEL:03-6204-4141 FAX:03-6204-4142
E-mail: SanDisk_pr@bluecurrentgroup.com

メディア連絡先

サンディスクのプレス連絡先

press@sandisk.com