プレスリリース

【カリフォルニア州ロサンゼルス発抄訳リリース】サンディスク、20世紀フォックス、ワーナーブラザース、ウェスタンデジタルの4社、HD映画のデジタル所有を促進

2012年 02月 27日

「プロジェクト・フェニックス(仮称)」により、消費者は映画やテレビ番組をHD動画として自宅や外出先で簡単・シームレスに購入、保存、再生可能に

2012年2月28日(カリフォルニア州バーバンク、ロサンゼルス発)-サンディスク(Nasdaq: SNDK)、20世紀フォックスホームエンターテイメント、ワーナーブラザースホームエンターテイメントグループおよびウェスタンデジタル(NYSE: WDC)の4社は本日、消費者が複数のデバイスを通じて高精細デジタル形式の映画やテレビ番組をより簡単かつ迅速に整理、保存、移動できるようにする取り組みである、「プロジェクト・フェニックス(仮称)」を発表しました。コンテンツには、最大1080pのフルハイビジョンの新作などが含まれ、ローカル保存のほか、業界標準のUltraVioletやクラウドサービスによってもバックアップされることになります。

このプロジェクトは、新たに結成されたセキュア・コンテンツ・ストレージ・アソシエーション(SCSA)が推進しているものです。有限責任会社として設立されたこの組織は、ローカルハードドライブやポータブルハードドライブのほか、USBフラッシュメモリ、SDTMカード、ソリッドステートディスクドライブ(SSD)などのフラッシュメモリ製品上の高精細、高品位な著作権保護コンテンツを保護するソリューションの開発とライセンス提供を行います。一度ハードドライブやフラッシュメモリにダウンロードされたコンテンツは、有線TV、ノートパソコン、Blu-rayTMプレーヤー、タブレット、携帯電話、ゲーム機など、SCSAに対応するあらゆるデバイスでオンライン/オフラインのアクセスが可能となります。最適化されたコンテンツはデジタルダウンロード、記録媒体に入ったデジタルデータ、小売店に設置された端末、その他セキュアなデジタル配信方式により簡単に購入することが可能です。

ワーナーブラザースのテクニカルオペレーション担当プレジデント、ダーシー・アントネリス氏は、「消費者がHDデジタルコンテンツに簡単にアクセスし保存できるソリューションを開発することは、デジタルメディアやエンターテイメント市場をサポートする非常に重要な要素です。SCSAにより、消費者が自宅や外出先でSCSAに最適化されたあらゆるデバイス上で、高精細デジタル映画やテレビ番組をフルハイビジョンで簡単にダウンロード、保存、再生できる製品の開発を促進します」と述べています。

20世紀フォックスホームエンターテイメントのプレジデント、マイク・ダン氏は、「この新たな製品は、プライベートまたはビジネスのコンテンツをクラウド上で保存、再生、バックアップできるというものです。このデバイスは、オーバーザトップインターネットより最大で10倍早くコンテンツを表示します。プロジェクト・フェニックスは広がりつつあるデジタルエコシステムの主要な要素だと考えています」と述べています。

SCSAのソリューションは業界の支持を受けるUltraViolet(UV)エコシステムで動作するよう設計され、Intel® Insider™など、すでに市場にある他の次世代HDコンテンツ保護技術を補完します。SCSAのソリューションは今年中に広くライセンス提供が開始される予定です。

ウェスタンデジタルのブランド製品担当最高技術責任者のバート・ヘッセリンク氏は、「SCSAは、DVDやBlu-rayディスクと同じくらい簡単に利用できる映画やテレビ番組のデジタルソリューションを消費者に提供します。SCSAソリューションにより、消費者は一定のDVDコンテンツのコピーも含め、購入したHDコンテンツをハードドライブ上のセキュアな消費者所有デジタルホームライブラリーに、写真、音楽、動画などと一緒に保存することが可能となります。デジタルライブラリーのコンテンツは、自宅のテレビ、パソコン、タブレットで簡単に見ることができるほか、外出先では携帯用のライブラリーコピーを持っていくことで、飛行機、自動車、電車、遠隔地などで確実なインターネット接続がない場合でも、モバイルでの閲覧が可能です」と述べています。

サンディスクのシニアバイスプレジデント兼最高戦略責任者のスミット・サダナは、「世界中の消費者はようやく、ローカルに保存した高品位のハリウッドコンテンツを最大1080pのクオリティで様々なプレーヤーを利用して、どこでも好きな場所で楽しむことが可能となります。主要なハリウッドスタジオやHDD、フラッシュメモリ業界のリーダー企業が参加するSCSAのオープンなライセンスが可能なセキュリティ標準は、新たなデバイスの可能性、新しい事業モデル、そして最終的には消費者へのさらなる価値の提供を促進することが期待されます。サンディスクは、この画期的な組織に参加できることを非常に嬉しく思います」と述べています。

SCSAの詳細に関する企業からのお問い合わせは、INQUIRIES@SCSALLC.COM で受け付けています。


SDは、SD-3C、LLCの登録商標です。本リリースに記載されるその他のブランド名は、識別の目的のみに使用されており、それぞれの所有者の商標である場合があります。

本リリースには、SCSAテクノロジーソリューションの見解、コンシューマーの利点、発売時期に関する予測など、将来の見通しに関する記述がありますが、これは現時点での当社の予想に基づく予測であり、様々なリスクや不確定要素により、不正確となる可能性があります。将来の見通しに関する記述が不正確となるリスク要因には、新しいテクノロジーと製品の開発と発表の遅れ、競合となるテクノロジーの発表、新しいテクノロジーと製品が現状で最新のテクノロジーやプラットフォームで予測通りに動作しないこと、不確かで不安定な世界経済の影響、前述された企業のSECファイルに列挙されたその他のリスクなどがあります。このリリースは現時点の見通しであり、過度な信頼を置きすぎないようご注意ください。

メディア連絡先

サンディスクのプレス連絡先

press@sandisk.com