プレスリリース

【台北発抄訳リリース】サンディスク、PCI Expressベースの ソリッドステート・アクセラレータ・カード新製品を発表 エンタープライズ向けに高速で予測可能なバランスのとれた性能を提供

2012年 06月 04日

2012年6月5日(COMPUTEX:台湾、台北発)―フラッシュストレージソリューションで世界をリードするサンディスクコーポレーション(NASDAQ:SNDK)は本日、ライトニング ®PCI Express(PCIe)ソリッドステート・アクセラレータ(SSA)カードを発表しました。このカードは、データセンター、サーバーファーム、クラウド環境におけるワークステーションやサーバーの性能を向上させるものです。

新製品サンディスク®・ライトニングPCIe SSAは、ワークステーションやサーバーに搭載可能で、予測可能なバランスのとれた性能をエンタープライズ用途向けに提供し、速度、信頼性、コスト削減を理想的な形で実現します。 この製品は、最も頻繁に利用されるデータやアプリケーションに対して高速にアクセスすることで、高い負荷をより効果的に管理することが可能です。この製品は、サンディスクのエンタープライズ向けソリッドステートドライブ(SSD)ソリューションの拡大するラインアップに加わることとなります。

サンディスクのPCIeの新製品は、24時間稼働して大量の情報を分析処理する金融機関や、ユーザーがマウスをクリックするたびに即時的な反応が求められるソーシャルメディアやウェブサイトプロバイダー、高精細画像の編集を行うメディアコンテンツクリエイターなどの幅広い利用に対応します

サンディスクのエンタープライズストレージソリューション担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのグレッグ・ゴールズは、「サンディスクのPCIe SSAは、バランスのとれた性能を提供し、シンプルかつコスト効率の高い方法で重要なデータへのアクセスを高速化します。企業は、サンディスクの最高水準のNANDフラッシュメモリ技術と革新的なコントローラー設計を組み合わせたPCIeアクセラレーションソリューションを利用することにより、顧客が必要とするエンタープライズクラスの信頼性とスケーラビリティーを提供することが可能となります」と述べています。

ライトニングPCIe SSAはサンディスクの実績あるエンタープライズSSDテクノロジーを提供し、かつ必須のデータ保護や入力・出力(I/O)機能を管理するための並列処理アーキテクチャーを用いた高性能コントローラーを特徴としています。 これにより、中央処理装置(CPU)の負荷に影響を与えず、高価な追加のDRAMメモリを必要としないバランスのとれた性能となるデータへのアクセスが実現可能です。

エンタープライズクラスの信頼性に加え、ライトニングPCIe SSAは必要電力が低く、ソフトウェアの追加やシステム変更が必要としない標準ドライバーを搭載しています。この製品は、ほぼどのようなコンピューティングシステムでも利用可能であり、シンプルで迅速なパフォーマンスアクセラレーションのソリューションとなります。

すでに革新的な企業数社がサンディスクのPCIeカードを試用し、その利点を評価しています。DigitalFilm Treeの創立者でCEOのラミー・カトリブ氏は、「サンディスクの新しいライトニング・エンタープライズPCIeソリッドステートアクセラレーターは、これまで採用していたソリューションの数分の一のコストで、より効率的なワークフローを創出するために必要なアプリケーションアクセラレーションを提供してくれます」と述べています。DigitalFilm Treeは、「データセントリック」な新しいテクノロジーを定義し、クリエイティブなワークフローに適用する業界のリーダーです。

Windowsオペレーティングシステムでは、サンディスク・FlashSoft™データキャッシュソフトウェア(別売り)によりキャッシングオプションが利用可能です。データセンターは、サンディスクFlashSoft™データキャッシュ・ソフトウェアとライトニングPCIe SSAを追加のストレージ層として組み合わせて利用することで、高いサーバー負荷に対応可能です。

次世代PCIe 2.0インターフェースに基づくライトニングPCIe SSAは、4レーン(x4)以上のPCIeスロットに容易にインストールすることができ、エンタープライズクラスのパフォーマンスと信頼性を、要件の高い24時間稼働のデータセンターやクラウドコンピューティング用途向けに提供します。サンディスクの高性能コントローラーを組み合わせることで、この製品は、低消費電力、200万時間のMTBF(平均故障間隔)、業界最高レベルの5年間保証を提供します。

サンディスクのライトニングPCIe SSAは、容量200ギガバイト(GB)*および400GBを利用いただくことが可能です。この製品は、1システムにつき最大5枚まで設置でき、最大容量2テラバイト(TB)*を提供します。

ライトニングPCIe SSAの詳細、特徴

  • 高速な応答時間
    平均245マイクロ秒、最大30ミリ秒未満の応答性能を持ち、高負荷で動作している実環境のアプリケーションで大幅な性能向上につながります。
  • 低レイテンシー
    読取りおよび書込み(サステイン)において50マイクロ秒という低いレイテンシーを実現します。
  • 業界標準ドライバー
    Microsoft Windows®、Linux、VMWare® ESXといった主要環境で利用するための業界標準ドライバーが組み込まれており、追加のシステム再設定やソフトウェアが必要ありません。
  • 低消費電力
    わずか15ワットの電力で動作し、特別な冷却システムを必要としないため、さらなるコスト削減につながります。
  • ブータブルOSドライブのオプション
    ライトニング・エンタープライズPCIe SSAは、複数の論理ユニット番号(LUN)をサポートするブータブルデバイスです。
  • エンタープライズクラスの信頼性機能
    「バックグランド・パトロール・リード」によるストレージデバイスのデータの整合性確認や、バッテリーバックアップやスーパーキャパシターがなくてもデータロスを防ぐことができるキャパシター・バックド・キャッシュ(CBC)、および業界最高レベルの5年間限定保証が提供されています。

価格および提供時期
サンディスクのライトニングPCIeエンタープライズSSAの米国でのメーカー希望小売価格(米ドル)は、200GB(LP206M)が1,350ドル、400GB(LP406M)が2,350ドルの予定で、Avnet、CDW、Newegg.com、TigerDirect.comなど北米の認定小売店を通じて販売されます。詳しくはwww.sandisk.com/enterprise-storage-solutionsをご覧ください。

サンディスクのソリッドステートドライブ
Sサンディスクはリテール、OEM、エンタープライズチャネル向けにSSDのフルラインアップを提供しています。リテールチャネルでは、「サンディスク・エクストリーム®SSD」を販売しており、コンピューターのヘビーユーザーやゲーマー向けに業界をリードするパフォーマンスを提供します。

OEM製品は、コスト効率が高く、形状をカスタマイズ可能な「サンディスク U100 SSD」、デスクトップやノートブックPCメーカー向けに提供される超高速で大容量な当社最高峰の「サンディスク X100 SSD」、組み込み向けのマイクロSSD SATAの形状の「サンディスク iSSD®インテグレーティットストレージデバイス」があります。すべてのモデルはSSDのみ、もしくはデュアルドライブキャッシングソリューションとして販売しています。

エンタープライズチャネル向けには、本日発表のPCIe製品のほか、業界で最も幅広く柔軟なクラウドおよびデータセンターのシステム設計ソリューションとしてライトニング ® SASベースのSSDを提供しています。これらのドライブは競合SSD テクノロジーに勝る、優れたI/Oパフォーマンス、予測可能な性能、優れた信頼性を提供します。

サンディスクについて
フラッシュメモリーカードで世界をリードしているサンディスクコーポレーションは、フラッシュストレージカードの発明者で あり、世界最大のカード供給会社です。研究、製造、製品設計分野からコンシューマー向けブランド構築、小売に 至るまで手がけています。サンディスクの製品ラインナップは、携帯電話、デジタルカメラ、およびデジタルビデオカメラ、ゲーム機向けのフラッシュメモリーカード、デジタルオーディオプレイヤー、コンシューマーおよび企業向けUSBフラッシュメモリ、モバイル機器向けの組み込みメモリ、コンピューター用のソリッドステートドライブなど多岐にわたります。サンディスク(www.sandisk.co.jp/corporate)は、シリコンバレーを本拠地とするS&P500採用企業であり、売上の50%以上は米国以外の市場で挙げています。

サンディスク株式会社は、東京に本社を置き、大船、四日市にオフィスがあり、 日本での営業・マーケティング業務拠点ならびにNANDフラッシュメモリの開発・製造を行っています。


* 1ギガバイト(GB)=10億バイト。1テラバイト(TB)=1兆バイト。(一部はデータストレージに使用されません) FlashSoft™の購入に関しては、www.sandisk.com.をご覧ください。

© 2012 SanDisk Corporation. All rights reserved.
サンディスク、サンディスク・エクストリームとライトニングはサンディスクコーポレーションならびにサンディスクの子会社のトレードマークであり、米国及び海外諸国で登録されています。サンディスク・iSSDとFlashSoftはサンディスクコーポレーションならびにサンディスクの子会社のトレードマークです。本リリース内で記述されている他のブランド名は識別の目的で記されたものであり、それぞれの登録者のトレードマークである場合があります。

本リリースには新製品、アプリケーションおよび機能や市場など、将来の見通しに関する記述がありますが、これは現時点での予想に基づく予測であり、様々なリスクの起因により、不正確になる可能性があります。将来の見通しに関する記述が不正確となることを起因するリスクには以下が含まれますが、それらに限定されるものではありません。そのリスクには製品が市場の需要が期待より低い、製品が期待通りの地域、容量、テクノロジーもしくはフォームファクターで入手可能とならない、製品が期待通りの性能を発揮しない、書式10-K及び書式10-Qに基づく四半期業績報告を含めた有価証券及び株式取引委員会へ提出の書類と報告書に随時詳細が記される他のリスク類がありますが、それらに限定されるものではありません。尚、サンディスクは本リリースに含まれる情報を更新する予定はございません。

 

メディア連絡先

サンディスクのプレス連絡先

press@sandisk.com