プレスリリース

サンディスク、四日市でのNANDフラッシュメモリ工場での 製造合弁会社設立10周年

2012年 10月 27日

~世界最大級の工場がグローバルのコンシューマーならびにビジネスにおいて スマートデジタルライフを後押し~

2012年10月28日(カリフォルニア州ミルピタス発)-フラッシュメモリーストレージソリューションで世界をリードする サンディスクコーポレーション(NASDAQ: SNDK)は本日、三重県四日市市にある製造工場への共同投資開始から 10周年と日本における販売活動の開始から20周年を迎えたことを発表しました。

この10年間、サンディスクは、最先端のシリコン製造に関連して70億ドル以上もの投資を続けてきました。 この結果、四日市工場は世界有数の最先端ウェハー製造工場となり、過去10年間でサンディスクは外国資本を投入する 企業として日本最大級となったばかりでなく、これらの工場で最先端のNANDフラッシュメモリを製造することを通じて、 世界中の人々や企業のスマートなデジタルライフスタイルを支援してきました。

また、戦略的なジョイントベンチャーパートナーである東芝とともに、サンディスクはNANDフラッシュメモリの技術革新を 推し進めていき、タブレット、スマートフォン、ポータブルなパーソナルストレージデバイス、超薄型軽量コンピュータ向け ソリッドステートドライブ(SSD)、企業向けSSDなどの製品を実現してきました。

Creative Strategiesの業界アナリスト、Tim Bajarin氏は、「フラッシュメモリは、20世紀および21世紀前半の 非常に重要な技術の一つとなりました。写真業界に革命を起こし、パソコン、モバイル業界にも革命をもたらしました。そして今後エンタープライズにも技術革新をもたらすでしょう。サンディスクの日本における戦略と投資は、現在では 当たり前となっている技術の進展において非常に重要な役割を担ってきました。今後何年にもわたり、同社のリーダーシップが技術分野において重要となることが十分予測されます」と述べています。

サンディスクの社長兼CEOのサンジェイ・メロートラは、「世界中のサンディスク社員4,000名と、顧客およびパートナー を代表して、日本で10年、20年という大きな節目を迎えることができ、光栄に思います。日本はサンディスクの成功に 確固たる基盤をもたらしました。当社と東芝のフラッシュメモリーウェハーの製造に関する合弁事業は半導体業界で 最も成功を収めた長期的なジョイントベンチャーの取り組みの一つであり、最先端のフラッシュソリューションを提供する ことで、世界中の顧客に利益を与えることができます」と述べています。

(株)東芝 執行役常務、セミコンダクター&ストレージ社 メモリ事業部長の成毛康雄氏は、「サンディスクと東芝は 長期的な提携関係を構築しており、今回の節目を迎えられたことは私どもにとっても喜ばしいことと思っております。 この合弁事業は両社と業界全体にとって大きな成功となりました。これからもサンディスクとの良好な提携関係を続けていくことで、東芝が開発したフラッシュメモリによって、マーケットに革新的なソリューションを提供していきたいと考えて います」と述べています。

「過去20年間を振り返ると、フラッシュメモリの進化と広がりは、デジタルイメージング、音楽、モバイルコンピューティング の進化の礎となりました。」と、ガートナーのリサーチ・バイスプレジデントであるJoseph Unsworthは述べています。 「現在そしてこれから先を考えると、フラッシュメモリは再びデータセンターのストレージ構造を変えることによりパーソナル そしてクラウドコンピューティングの進化において基本的な役割を果たします」

サンディスクのシニア・バイスプレジデント、テクノロジー&Fabオペレーション兼サンディスク日本法人の社長である 小池淳義は、「日本での長年にわたる軌跡を振り返ることができ嬉しく思います。サンディスクの社員の長年にわたる 献身的な努力と尽力によってこの日を迎えられたことを幸せに思います」と述べています。

サンディスクについて
フラッシュメモリーカードで世界をリードしているサンディスクコーポレーションは、フラッシュストレージカードの発明者であり、世界最大のカード供給会社です。研究、製造、製品設計分野からコンシューマー向けブランド構築、小売に至るまで手がけています。サンディスクの製品ラインナップは、携帯電話、デジタルカメラ、およびデジタルビデオカメラ、ゲーム機向けのフラッシュメモリーカード、デジタルオーディオプレイヤー、コンシューマーおよび企業向けUSBフラッシュメモリ、 モバイル機器向けの組み込みメモリ、コンピュータ用のソリッドステートドライブなど多岐にわたります。サンディスク(www.sandisk.co.jp)は、シリコンバレーを本拠地とするS&P500採用企業であり、売上の50%以上は米国以外の市場で挙げています。
サンディスク株式会社は、東京に本社を置き、大船、四日市にオフィスがあり、日本での営業・マーケティング業務 拠点ならびにNANDフラッシュメモリの開発・製造を行っています。


© 2012 SanDisk Corporation. All rights reserved.
サンディスクとサンディスク・ロゴはサンディスクコーポレーションのトレードマークであり、米国及び海外諸国で登録されています。本リリース内で記述されている他のブランド名は識別の目的で記されたものであり、それぞれの登録者のトレードマークである場合があります。

本リリースにはアプリケーションおよび機能、プロダクトカテゴリ、ライセンスアグリーメントや顧客など、将来の見通しに関する記述がありますが、これは現時点での予想に基づく予測であり、様々なリスクの起因により、不正確になる可能性があります。将来の見通しに関する記述が不正確となることを起因するリスクには以下が含まれますが、それらに限定 されるものではありません。そのリスクには製品が市場の需要が期待より低い、製品が期待通りの容量、テクノロジーもしくはフォームファクターで入手可能とならない、製品が期待通りの性能を発揮しない、書式10-K及び書式10-Qに 基づく四半期業績報告を含めた有価証券及び株式取引委員会へ提出の書類と報告書に随時詳細が記される 他のリスク類がありますが、それらに限定されるものではありません。尚、サンディスクは本リリースに含まれる情報を更新する予定はございません。

メディア連絡先

サンディスクのプレス連絡先

press@sandisk.com