プレスリリース

【CES、ラスベガス発抄訳リリース】サンディスクのソリッドステートドライブ(SSD) 革新的なASUS Transformer Bookに採用

2013年 01月 06日

SanDisk U100 SSD、コンパクトで応答性の高いストレージにより、 世界初の着脱可能タブレット式ノートパソコンの実現に貢献

Ultrabook

2013年1月7日(CES、ネバダ州ラスベガス発)―フラッシュメモリーストレージソリューションで世界をリードするサンディスクコーポレーション(NASDAQ: SNDK)は本日、ASUSの世界初となる着脱可能なタブレット式ノートパソコンTransformer Bookに、サンディスクのU100ソリッドステートドライブ(SSD)がmSATAミニフォームファクタの超高速ストレージとして採用されたことを発表しました。

この革新的なASUS Transformer Bookは、超薄型ノートパソコンの機能性を持つと同時に、現在のWindows®8搭載モデルのタブレットの中でもトップクラスの薄さとパワーを兼ね備えた利便性をもたらします。驚異的な応答性を実現するパワフルな128GB(注釈1)のSanDisk U100 SSDをASUS Transformer Bookに搭載することで、PCやアプリケーションの起動およびデータ転送の高速化を実現し、ユーザー体験を大幅に向上させます。また、mSATAミニフォームファクタによって、ASUS Transformer Bookは、驚異的な薄さと着脱可能な形状を実現しました。

高感度のタッチスクリーンを搭載するASUS Transformer Bookのディスプレイは、本体から容易に取り外すことが可能で、瞬時にノートパソコンからタブレットの操作に切り替えることができます。この革新的なデザインは、SanDisk U100 SSDのコンパクトなサイズにより可能となりました。小型のSanDisk U100 SSDはASUS Transformer Bookのディスプレイの裏側の小さなスペースに設置され、タブレットとノートパソコンのどちらで使用する場合にも高性能ストレージを提供します。また、SanDisk U100 SSDは、ノートパソコンとして利用する際のストレージとして動作するASUS Transformer Bookのキーボードの下に格納されるハードディスクドライブ(HDD)とシームレスに連動します。

ASUSのコーポレートバイスプレジデントのS. Y.シアン氏は、「サンディスクと連携することにより、ASUS Transformer Bookで世界初の着脱可能なノートパソコンという当社のビジョンを実現できました。サンディスクのSSDは小型で堅牢なストレージであるため、当社の顧客が超薄型ソリューションに求めるデバイスの小型設計を犠牲にしないクラス最高のパフォーマンスとユーザー体験を得ることがASUS Transformer Bookで可能となりました」と述べています。

サンディスクのクライアントストレージソリューション担当シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのケビン・コンリーは、「ASUS Transformer Bookはコンバーチブルノートパソコンのデザインやパフォーマンスの新たなベンチマークとなるものであり、当社はASUSと再度連携し、優れた小型ストレージを提供することでASUSのノートパソコン製品にさらにエキサイティングな貢献をすることができ、嬉しく思います。ASUSとの継続的なパートナーシップは、今日の最先端の超薄型ノートパソコンやタブレットで優れたストレージソリューションとして急速に採用の進む当社SSD製品の品質、性能、革新的なフォームファクタを裏打ちするものです」と述べています。

サンディスクのソリッドステートドライブ(SSD)製品

サンディスクは、ハードウェア、ソフトウェアおよびそれらを統合したSSDソリューションにより消費者およびビジネス向けSSDの革新を推進しています

サンディスクのSSD製品は、消費者向けではPCやアプリケーション起動の高速化、より応答性の高いユーザー体験を可能にします(注釈2)。タブレットやUltrabookの製造メーカー向けの製品では、より薄型で高速なパフォーマンスの設計を可能にします。エンタープライズ向けのSSDソリューションでは、全般的なパフォーマンスを向上させながら頻繁に利用される「ホットデータ」へのアクセスを高速化しつつ、コストを削減するとともに、省スペース、省エネルギーを実現します。

サンディスクについて

フラッシュメモリーカードで世界をリードしているサンディスクコーポレーションは、研究開発、製品設計、製造から消費者向けブランド構築、OEMならびにリテール販売に至るまでトータルに手がけています。1988年から、サンディスクはフラッシュメモリーやストレージシステム技術での技術革新によりお客様に斬新で変化するデジタルエクスペリエンスを提供してきました。サンディスクの製品ラインナップは、フラッシュメモリーカードをはじめ、携帯電話、タブレット、デジタルカメラ、およびデジタルビデオカメラ、デジタルオーディオプレイヤー等のコンシューマー機器に使われる組み込みソリューション、USBフラッシュメモリ、コンピューター用のソリッドステートドライブ(SSD)など多岐にわたります。サンディスクの製品は世界中の個人のお客様やエンタープライズ顧客に使われています。

サンディスク(www.sandisk.co.jp)は、シリコンバレーを本拠地とするS&P500採用企業であり、売上の50%以上は米国以外の市場が占めています。

>サンディスク株式会社は、東京に本社を置き、大船、四日市にオフィスがあり、日本での営業・マーケティング業務拠点ならびにNANDフラッシュメモリの開発・製造を行っています。


(注釈1)1ギガバイト(GB)=10億バイト。すべての容量をデータ保存のために使用することはできません。
(注釈2)7200 RPM SATA 2.5インチハードドライブとの比較。公表されている仕様と社内ベンチマークテストに基づきます。

© 2013 SanDisk Corporation. All rights reserved.
サンディスクとサンディスク・ロゴはサンディスクコーポレーションのトレードマークであり、米国及び海外諸国で登録されています。本リリース内で記述されている他のブランド名は識別の目的で記されたものであり、それぞれの登録者のトレードマークである場合があります。

本リリースにはアプリケーションおよび機能、プロダクトカテゴリ、ライセンスアグリーメントや顧客など、将来の見通しに関する記述がありますが、これは現時点での予想に基づく予測であり、様々なリスクの起因により、不正確になる可能性があります。将来の見通しに関する記述が不正確となることを起因するリスクには以下が含まれますが、それらに限定されるものではありません。そのリスクには製品が市場の需要が期待より低い、製品が期待通りの容量、テクノロジーもしくはフォームファクターで入手可能とならない、製品が期待通りの性能を発揮しない、書式10-K及び書式10-Qに基づく四半期業績報告を含めた有価証券及び株式取引委員会へ提出の書類と報告書に随時詳細が記される他のリスク類がありますが、それらに限定されるものではありません。尚、サンディスクは本リリースに含まれる情報を更新する予定はございません。

 

メディア連絡先

サンディスクのプレス連絡先

press@sandisk.com