プレスリリース

サンディスク、SMART STORAGE SYSTEMS社の買収を完了

2013年 08月 21日

エンタープライズストレージソリューション担当
シニアバイスプレジデントにジョン・スカラムッツォが就任



2013年8月22日(カリフォルニア州ミルピタス発)
フラッシュメモリーストレージソリューションで世界をリードするサンディスクコーポレーション(NASDAQ: SNDK)は本日、SATAおよびSASストレージプロトコルに基づくエンタープライズソリッドステートドライブの開発を手がけるSMART Storage Systems社の買収を完了したことを発表しました。

今回の買収完了を受け、SMART Storage Systems社は、サンディスクのエンタープライズストレージソリューション部門として統合され、ジョン・スカラムッツォ氏が統括することになります。同社のプレジデントを務めていたスカラムッツォ氏は、これまでにSeagate、Maxtor、Quantum、Digital Equipment Corporationでの経験を持ち、ストレージ業界では25年以上にわたる豊富な経験を有しています。今後はサンディスクのエンタープライズストレージソリューション部門、シニアバイスプレジデントに就任し、プレジデント兼最高経営責任者のサンジェイ・メロートラの直属となります。

メロートラは次のように述べています。「SMART Storage Systemsの社員をサンディスクに迎え、エンタープライズストレージ市場における当社の事業に弾みをつけることができ、うれしく思います。今回の買収により、サンディスクはエンタープライズ向けSATA製品における大きな市場機会に対応することが可能となり、また当社の強力なエンタープライズ向けSAS製品群をさらに強化します。両社の製品を組み合わせることで、当社のエンタープライズSSDは世界のストレージOEMの上位7社のうち6社に対応することになります。」


サンディスクについて
フォーチュン500ならびにS&P500カンパニーであり、データストレージソリューションで世界をリードしているサンディスクコーポレーション(NASDAQ: SNDK)は、これまでの25年間にわたって斬新なアイデアと革新的な製品でエレクトロニクス業界に変革を起こしてきました。サンディスクの最先端のソリューションは、世界最大級のデータセンターの多くに採用され、スマートフォンやタブレット、そしてパソコン用の組み込みストレージとしても幅広く使われています。サンディスクのリテール製品は、世界中で販売されています。

サンディスク株式会社は、東京に本社を置き、大船、四日市にオフィスがあり、日本での営業・マーケティング業務拠点ならびにNANDフラッシュメモリーの開発・製造を行っています。


© 2013 SanDisk Corporation. All rights reserved.
サンディスク及びサンディスクのロゴマークはサンディスクコーポレーションのトレードマークであり、米国その他の国で登録されています。本リリース内で記述されている他のブランド名は識別の目的で記されたものであり、それぞれの登録者のトレードマークである場合があります。

本リリースには、SMART Storage Systems社の買収で期待される利益や、エンタープライズ領域における大きな市場機会に対応する当社の能力など、将来の見通しに関する記述がありますが、これは現時点での予想に基づくものであり、様々なリスクや不確実性により、これらの見通しに関する記述が不正確となったり当社のビジネス、財務状況、および業績に深刻な悪影響が生じたりする場合があります。これらの将来の見通しに関する記述が不正確なものとなる原因としては、当社が当社顧客の要件を満たすSSDソリューションを開発しまたは限定することができなかった場合、またはできたとしても顧客が当社のSSDソリューションを採用することを保証できなかった場合、SMART Storage Systems社の業務、人材、技術、製品および情報システムを効果的かつ適時に統合できなかった場合、当社が買収によって期待されるコスト削減やその他の相乗効果を適時に、または全く実現できなかった場合、当社が期待される収益や利益率を達成するために必要な顧客関係の維持、拡大を実現できなかった場合、SMART Storage Systems社の製品または技術が期待通りの動作をしなかった場合や顧客の資格要件を満たさなかった場合、SMART Storage Systems社の主要な従業員が買収後長期にわたりあるいは一切の期間において当社のために働く意思を持っていなかった場合、その他、フォーム10-Kおよび10-Q年次報告書および四半期報告書を含むがこれに限定されない、証券取引委員会への提出書類や報告書に「リスク要素」などとして適宜詳述されるその他のリスクが発生した場合、などが考えられます。

<本件に関する報道関係の方のお問い合わせ>
サンディスク株式会社 広報担当:羽田野(はたの)
TEL:03-4334-7102 FAX:03-5463-2013

ブルーカレント・ジャパン株式会社 サンディスク広報担当:岡(おか)、山﨑(やまざき)
TEL:03-6204-4141 FAX:03-6204-4142
E-mail: SanDisk_pr@bluecurrentgroup.com
 

メディア連絡先

サンディスクのプレス連絡先

press@sandisk.com