プレスリリース

[抄訳リリース] サンディスク、Altair Semiconductorへの戦略的投資を通じ

高性能シングルモードLTEチップセットの先進開発企業に投資

2014年 11月 17日

2014 年11月19日(カリフォルニア州ミルピタス発) – フラッシュメモリーストレージソリューションで世界をリードするサンディスクコーポレーション(NASDAQ: SNDK)は本日、高性能シングルモードLTEチップセットの先進開発企業である Altair Semiconductorに投資したことを発表しました。同社は、タブレット、ノートパソコン、USBドングル、ポータブルホットスポット、固定ルーターとモデム、マシンツーマシンアプリケーションなどのデバイスに4G LTEのインターネット接続性をもたらす高性能な製品を提供する企業です。
 
サンディスクには、ベンチャー企業への投資を行う SanDisk Venturesという取り組みがあり、今回の投資を通じて、Altair社はデータをキャプチャ、保存、共有、管理する方法を形成しているテクノロジーとトレンドを進歩させることによって、ストレージの可能性を拡大することができるようになります。
 
サンディスクのエグゼクティブバイスプレジデント兼最高戦略責任者のスミット・サダナは、次のように述べています。「フラッシュストレージとLTEチップセットテクノロジーの組み合わせには、さまざまな家電製品にワイヤレスインターネット接続とデバイスツーデバイス接続を提供し、最終的には『Internet of Things』(IoT)の普及につなげられる可能性があります。Altairへの戦略的投資とコラボレーションにより、サンディスクはこの重要なエコシステム向けにフラッシュストレージソリューションを最適化でき、変化の激しいこの市場セグメントでの成長の可能性をさらに強固なものにすることができます。」
 
世界の先進ワイヤレス通信事業者に採用されている低消費電力でコスト効率に優れたAltairのLTEチップセットソリューションは、幅広いコンシューマーデバイスとIoTデバイスの相互接続やクラウドへの接続を可能にし、接続されたコンシューマーおよびコンピューティングアプリケーションの可能性を大幅に拡大します。30社以上のコネクテッドデバイスメーカーが、世界中の4G LTEネットワーク上に商業目的で配備されている数百万台のエンドユーザーデバイスにAltairのチップを採用しています。
なお、今回の投資の諸条件については公開されていません。
 
SanDisk Ventures について
SanDisk Venturesは、フラッシュベースソリューションの価値提案を拡大するような有望な技術を有する企業に対して、3年間に7,500万ドルを投資するというサンディスクの取り組みの1つです。投資を受ける企業はサンディスクと協力することで、フラッシュストレージの業界リーダーが持つ広範な製品ポートフォリオと世界クラスの技術的専門知識を活用し、顧客紹介、製品・サービスの流通チャネルを拡大できるようになります。
 
 
サンディスクについて
フォーチュン500ならびにS&P500カンパニーであり、データストレージソリューションで世界をリードしているサンディスクコーポレーション(NASDAQ: SNDK)は、これまで25年間以上にわたって斬新なアイデアと革新的な製品でエレクトロニクス業界に変革を起こしてきました。サンディスクの最先端のソリューションは、世界最大級のデータセンターの多くに採用され、スマートフォンやタブレット、そしてパソコン用の組み込みストレージとしても幅広く使われています。また、サンディスクのリテール製品は、世界中で販売されています。
サンディスク株式会社は、東京に本社を置き、大船、四日市にオフィスがあり、日本での営業・マーケティング業務拠点ならびにNANDフラッシュメモリーの開発・製造を行っています。
 

© 2014 SanDisk Corporation. All rights reserved. SanDiskおよびSanDisk UltraはSanDisk Corporationの商標であり、米国およびその他の国々で登録されています。その他の商標はいずれも、それぞれの所有者に帰属します。

メディア連絡先

サンディスクのプレス連絡先

press@sandisk.com