プレスリリース

サンディスク、販売代理店との契約を刷新し ビジネス顧客への営業活動を強化

2014年 06月 25日

サンディスク株式会社(本社:東京都港区)は、本日、データセンターやクライアント向けのSSDからスマートフォンやタブレット向け組み込み製品などのすべてのサンディスクの法人向けフラッシュストレージ製品を、幅広いビジネス顧客に対し営業活動を強化していく体制を整える為に、株式会社ケミック、佐鳥電機株式会社、丸文株式会社、シネックスインフォテック株式会社の4社と販売代理店契約を新たに締結したことを発表いたしました。これにより、弊社の幅広いフラッシュメモリー製品をビジネスサイズの規模を問わずに販売サポートを行う強固な体制を整えました。
 
サンディスクのコマーシャルビジネス・セールス&サポートのシニアディレクターの加藤誠は、「サンディスクの最先端のフラッシュストレージソリューションは、そのフラッシュの性能の高さとコスト効率の高さから、世界最大級のデータセンターの多くに採用され、スマートフォンやタブレット、そしてパソコン用の組み込みストレージとしても幅広く使われています。今後強力な代理店パートナーのネットワークを活用し、あらゆる製品群を企業のITや中小企業、個人向けのサーバー等にも販路を広げていけることを大変嬉しく思います」と語っています。
 
サンディスクの幅広い製品群を代理店を通じて提供してまいります。

  • データセンターの性能を向上するソリッドステートソリューション
データセンター向けの製品には、Lightning® や Optimus® SAS Enterprise SSD、 CloudSpeed SATA Enterprise SSD、Lightning® PCIe Enterprise ソリッドステートアクセラレーター、FlashSoft®サーバーアクセラレーションソフトウェアがあります。
  • PCやノートパソコンの応答時間、起動時間を向上するクライアントSSD
クライアントPC向けの製品には、SanDisk® X300s SSD、SanDisk® X210 SSD、SanDisk® X110 SSDがあり、多様なフォームファクターで提供しています。
  • 組み込みフラッシュストレージソリューション
自動車や通信といった幅広い業界でiNAND製品をはじめとするサンディスクの組み込み向けフラッシュストレージ製品を提供しています。
 
サンディスクについて
フォーチュン500ならびにS&P500カンパニーであり、データストレージソリューションで世界をリードしているサンディスクコーポレーション(NASDAQ: SNDK)は、これまで25年間にわたって斬新なアイデアと革新的な製品でエレクトロニクス業界に変革を起こしてきました。サンディスクの最先端のソリューションは、世界最大級のデータセンターの多くに採用され、スマートフォンやタブレット、そしてパソコン用の組み込みストレージとしても幅広く使われています。また、サンディスクのリテール製品は、世界中で販売されています。
サンディスク株式会社は、東京に本社を置き、大船、四日市にオフィスがあり、日本での営業・マーケティング業務拠点ならびにNANDフラッシュメモリーの開発・製造を行っています。


© 2014 SanDisk Corporation. All rights reserved. SanDiskはサンディスクコーポレーションのトレードマークであり、米国およびその他の国々で登録されています。本リリース内で記述されている他のブランド名は識別の目的で記されたものであり、それぞれの登録者のトレードマークである場合があります。

メディア連絡先

サンディスクのプレス連絡先

press@sandisk.com