Press Releases

サンディスク、車載用および産業用「IoT」向け フラッシュストレージソリューションのポートフォリオを拡充

2016年 03月 24日

新たにスマート機能を搭載したサンディスクのストレージソリューションを発表

サンディスク株式会社は本日、新しいスマート機能を搭載した車載用フラッシュストレージソリューション「SanDisk® Automotive」シリーズおよび産業用フラッシュストレージソリューション「SanDisk® Industrial」シリーズを4月より出荷開始することを発表しました。これにより、自動車および産業市場において様々なコネクテッド・アプリケーションで生成される膨大なデータに対応するための堅牢でインテリジェントな車載用および産業用フラッシュストレージソリューションのポートフォリオが拡充されます。

サンディスクの車載用フラッシュストレージソリューションは、「コネクテッドカー」独自の要件に合わせて最適化された車載グレードのSD™カードです。また産業用フラッシュストレージソリューションは、高い耐久性と信頼性が要求されるアプリケーション向けに設計された産業グレードのSDカードおよびmicroSD™カードです※1。両シリーズは、新たにメモリーヘルスステータスモニター、OEMカスタマイズ機能などのスマート機能の追加により信頼性が向上しています。これにより、OEMメーカーは、データインテンシブな車載環境および産業環境において、より優れたストレージ管理を実現できるようになります。

サンディスクのコネクテッドソリューション担当シニアディレクターのオデッド・サギーは、「IoT(モノのインターネット)は、この10年で自動車および産業市場に最も大きなインパクトと新たなコネクティビティの機会を創出すると同時に、一方でIoTによって生成されるデータの保存、処理、管理の方法について新たな課題も生まれています。今回発表するサンディスクの車載用および産業用フラッシュストレージソリューションは、優れた信頼性とパフォーマンスに加え、OEMメーカーがストレージを最大限に活用できるスマート機能を備えており、両市場のコネクテッド・アプリケーション向けの理想的なソリューションとなるでしょう」と述べています。

急成長するコネクテッドカー市場向けの高信頼性ストレージソリューション
自動車のインターネット接続は増加の一途を辿り、今後数年でコネクテッドカーはますます増える見込みであり、これに伴いストレージへの需要も生まれることになります。調査会社のガートナーは、2020年までに市場は次のようになると予想しています。

  • コネクテッドカー(インストールベース)が2015年の9倍以上となる※2
  • 成熟市場における新車の8割がデータ・コネクティビティを実現し、コネクテッド車両の3割がワイヤレスでソフトウェアを機能レベルでアップデートできる機能を内蔵する※3
  • ネットワーク接続型車載サブシステムの出荷台数が10億台を超える※2

AEC-Q100認証取得済みの最新のSanDisk Automotive SDカードを使うことで、OEMメーカーは、3DやHD画質のナビゲーションや地図システム、データイベントレコーダー、先進運転支援システム(ADAS)、テレマティクスなど様々な最先端の車載アプリケーション向けに、インテリジェントかつ信頼性の高い大容量ストレージを搭載することができます。この車載グレードのSDカードは、自動車市場で求められる信頼性、品質、温度に対する厳しい要求を満たします。

新しい車載用SDカードには、電源瞬断耐性、メモリーヘルスステータスモニター、OEMカスタマイズ機能のほか、ナビゲーションなどデータ読み出しが頻繁なアプリケーション向けの改良などを含む、スマート機能が新たに搭載されています。自動車メーカーは、これらの機能を活用することで、SanDisk Automotive SDカードの仕様やプログラミングを、個別のコネクテッド・アプリケーション専用に設定できます。また自動車メーカーは、カードを遠隔からプロアクティブにモニタリングし、カードが理想的な性能水準で動作しているかを確認したり、カードのアップグレードや交換が必要な時期を把握したりすることができるため、最も適切な時期にカードを容易に交換することが可能になります。

CDAの最高経営責任者、フランク・ハルトビヒ氏は、「自動車産業においては品質と信頼性が絶対条件です。スマート機能を搭載したサンディスクの最新の車載用ソリューションを使うことで、当社のOEM顧客は、コネクテッドカーの幅広いアプリケーション向けに、カスタマイズ可能で非常に優れた品質のフラッシュストレージを搭載できます。さらに、車両出荷から長期間を経た後にも、そのアプリケーションが最高の性能で動作するよう維持するための機能も備えています」と述べています。

カードウェイブの最高経営責任者、ポール・ノーベリー氏は、「当社は特に自動車関連顧客向けに事業を行っており、ますます高まるコネクテッドカーのニーズに応えるソリューションを展開しています。サンディスクの車載用ストレージソリューションによって、顧客に対し、次世代型のコネクテッドカーアプリケーションおよびサブシステムの要件を満たす革新的で費用対効果の高い、堅牢なストレージを提供できます」と述べています。

コネクテッド・インダストリアル・アプリケーション向けに最適化されたストレージソリューション
新しいスマート機能は、SanDisk Industrial SDカード、SanDisk Industrial XT SDカード、およびSanDisk Industrial microSDカード※4の最新版に今回新たに搭載されています。これらの産業用メモリーカードは、工場用アプリケーション、産業用コンピューティング、公共サービス、医療機器、ロボット、POSソリューション、大型印刷を始め、厳しい温度環境下にも耐えうる高い耐久性と信頼性が必要となる市場のOEMメーカー向けに提供されます。今回の新機能により、OEMメーカーは、商用ドローンから産業用ゲートウェイシステム、監視カメラに至るまで、産業市場向けの幅広いアプリケーションで必要とされる大容量データの管理を一層向上させることができます。

出荷開始時期について
スマート機能を搭載したSanDisk Automotive SDカード、SanDisk Industrial SDカード、SanDisk Industrial XT SDカードおよびSanDisk Industrial microSDカードは、サンディスクのコマーシャルビジネスチャネルを通じて、2016年4月より出荷を開始します。これらの製品の容量は最大64ギガバイト※5です。その他の詳細については、https://www.sandisk.co.jp/oem-designをご覧いただくか、サンディスクのコマーシャルビジネスチャネルの各代理店までお問い合わせください。http://www.sandisk.co.jp/about-sandisk/contact-us/

■サンディスクについて
フォーチュン500ならびにS&P500カンパニーであり、データストレージソリューションで世界をリードしているサンディスクコーポレーション(NASDAQ: SNDK)は、これまで27年以上にわたって斬新なアイデアと革新的な製品でエレクトロニクス業界に変革を起こしてきました。サンディスクの最先端のソリューションは、世界最大級のデータセンターの多くに採用され、スマートフォンやタブレット、そしてパソコン用の組み込みストレージとしても幅広く使われています。また、サンディスクのリテール製品は、世界中で販売されています。その他の詳細については、www.sandisk.comをご覧ください。
サンディスク株式会社は、東京に本社を置き、大船、四日市にオフィスがあり、日本での営業・マーケティング業務拠点ならびにNANDフラッシュメモリーの開発・製造を行っています。


※1 SanDisk IndustrialおよびSanDisk Industrial XTソリューションのSDフォーマットタイプに搭載
※2 Gartner, Inc.、「Forecast: Internet of Things — Endpoints and Associated Services, Worldwide, 2015」、2015年10月29日
※3 Gartner, Inc.、Thilo Koslowsk、「Predicts 2016: Automobiles Become Digital Endpoints in the Era of Smart Mobility」、2015年11月17日
※4 スマート機能が搭載されるSanDisk Industrial microSDカードは32ギガバイトおよび64ギガバイトモデルです。
※5 1ギガバイト = 1,000,000,000バイト。実際に利用できる容量はこれより少なくなります。

© 2016 SanDisk Corporation. All rights reserved. SanDiskおよびSanDiskのロゴは、米国およびその他の国におけるSanDisk Corporationの商標 または登録商標です。SDはSD, LLC.の商標です。

メディア連絡先

サンディスクのプレス連絡先

press@sandisk.com