Linux用®FlashSoft® ソフトウェア
 

ストレージのレイテンシを低減し、Linuxの優れたアプリケーションパフォーマンスを実現

FlashSoft® ソフトウェアは、コスト効率の高い方法で、Linuxで実行されるデータベースとアプリケーションパフォーマンスを高めます。FlashSoftソフトウェアを使うと、ソリッドステートストレージをサーバーで頻繁にアクセスされるデータ(「ホットデータ」)のキャッシュとして機能させ、アプリケーションパフォーマンスとストレージの効率を高めることができます。

標準OLTP性能テスト負荷を使用して、FlashSoftソフトウェアがアプリケーションパフォーマンスを3~5倍向上1

 

書き込みスルーと書き込みバックのソリューション

書き込みバックのキャッシュオプションは、データベースとトランザクションアプリケーションといった負荷で最適なパフォーマンスを実現します。FlashSoftは、サードパーティ製RAIDの増分レイテンシや複雑さなしに、SSDに障害が発生した場合のデータロスを防ぐため、2つのSSDをミラーリングできます。

また、FlashSoftは、ウェブサーバー、解析、メディアのストリーミングなど、読み出しを多用する負荷の読み出し専用キャッシュとしても展開できます。キャッシュデータおよびメタデータは、サーバーのクラッシュやシステム障害が発生した場合に持続性を保つため、SSDに完全に維持され、FlashSoftソフトウェア独自のメタデータモデルは、システムの再起動時に、ミリ秒単位でのキャッシュの完全回復を可能にします。

Linuxアプリケーション向けのスムーズな高速化

FlashSoftキャッシュソフトウェアは、Linuxオペレーティングシステム内でブロックレベルのモジュールとして透過的に実行されます。管理者は、FlashSoftソフトウェアをSSDにダイレクトし、キャッシュとして使用して、アクセラレートされるデータボリュームを選択できます。

FlashSoftは、ホットデータを自動的に識別し、識別されたボリュームでデータアクセスを加速化します。FlashSoftソフトウェアは、コマンドラインツールのセットを使用して管理されるため、管理者は、機能や動作を直接管理し、必要に応じてデータの加速化を開始および停止できます。


性能

性能テスト2 では、FlashSoftソフトウェアは、負荷を464 IOPSから7,388 IOPSまで加速し、アクセラレータ機能を使用しないバックエンドと比較した場合16倍以上のパフォーマンスの向上を例証しました。ストレージレイテンシでは、1,210ミリ秒から54.93ミリ秒までの短縮を達成し、応答時間は22倍の向上を記録しました。

サーバーフラッシュがストレージの価値を最大限に高めながら、レイテンシを最小化

FlashSoftソフトウェアは、サーバーにインストールされているフラッシュデバイスを使用し、レイテンシを最小限に抑えて、サーバーとストレージ間のI/Oを低減します。ストレージシステムに導入されるフラッシュとは異なり、サーバーのソリッドステートキャッシュは、ストレージインフラストラクチャへの変更を必要とせず、加速化を必要とする特定のサーバーと負荷にフラッシュの性能上の利点を提供します。より多くのI/O操作がサーバーにインストールされるソリッドステートデバイス上で実行されるので、ストレージインフラストラクチャのトラフィックを大幅に削減し、既存ストレージへの投資に関する価値と有効寿命を高めます。

システム要件

Operating System
Red Hat® Enterprise Linux (RHEL) 6.1, 6.2, 6.3, 6.4, 6.5, 6.6, 6.7, 7.0, 7.1 (64-bit)
CentOS 6.1, 6.2, 6.3, 6.4, 6.5, 6.6, 6.7, 7.0, 7.1 (64-bit)
Linux KVM on RHEL and CentOS 7.0 and 7.1
SLES 11 SP3, SP4 (64-bit)
SLES 12
Ubuntu Server 14.04.x LTS with kernel version 3.13.0-24 or higher
 
SSD Hardware2
FlashSoft software runs on any standard SSD (PCIe, SAS, SATA or NVMe)
Minimum cache size: 16GB
Maximum cache size: 16TB
 
Server Memory & CPU
Recommended CPU: dual core or greater, 2GHZ or above, 64-bit x86 processor3
Memory utilization: 500MB3
CPU utilization: 3% - 5%3
All server configurations: rack mount, tower, blades or skinless
 
Storage Supported
Any DAS or SAN storage
 

リソース

データシート:VMware vSphere 5.1&5.5 用FlashSoft 3.7

データシート:Windows Server&Windows Server Hyper-V用FlashSoft 3.8

データシート:Linux用FlashSoft 3.8

製品概要:VMWARE VSPHERE 6用FLASHSOFT 4.0

 

 

サンディスクとeDiscovery
 

インターネットの高速化:Crane Merchandising

Comcast Silicon Valley Innovation CenterのPlaxo

プライベートクラウドソリューションプロバイダのCloud Plus

Middle Tennessee ENTメディカルクリニック

フラッシュにスマートな投資を行うための5つのヒント。

サーバー側キャッシングの5つの神話 - フィクションから事実を分離する

バンドルで使用できるようになりました!

サンディスクのPCIe、SAS、およびSATAとのバンドルで、FlashSoftソフトウェアが利用できるようになりました。

脚注

1. 内部テストに基づく。MySQL5.5でOLTPベンチマークスイートを使用して測定。テスト報告書をご要望に応じて提供しています。 性能結果は、システムアーキテクチャ、構成、アプリケーションによって異なる場合があります。

2. 最適なキャッシュサイズは、加速化されるボリュームのデータ量、サーバーで実行されるアプリケーション、ピーク利用率によって異なります。

3. 内部テストに基づく。 性能結果は、システムアーキテクチャ、構成、アプリケーションによって異なる場合があります。 性能結果は、システムアーキテクチャ、構成、アプリケーションによって異なる場合があります。

フラッシュの対応準備はできましたか?

Fortune 500企業でも5人のスタートアップ企業でも、サンディスクは、インフラストラクチャを最大限に活用するソリューションを提供します。

電子メール

お気軽にお問い合わせください。担当者がご質問にお答えいたします。

ご連絡ください
+1-800.578.6007

完璧なフラッシュソリューションの構築について、今すぐお問い合わせください​​。

OEM営業担当へのお問い合わせ

基本的な質問でも、組織のニーズに合わせたサンディスクソリューションの検討でも、サンディスクの販売チームがお手伝いいたします。

サポート担当者が、質問にお答えさせていただきます、お問い合わせいただくには、下のフォームに情報を入力してください。販売チームと早急に話をする必要がある場合は、お電話でご連絡ください。+1-800.578.6007

フィールドを空にしておくことはできません。
フィールドを空にしておくことはできません。
有効な電子メールアドレスを入力してください。
フィールドには数字のみを含めてください。
フィールドを空にしておくことはできません。
フィールドを空にしておくことはできません。
フィールドを空にしておくことはできません。
フィールドを空にしておくことはできません。

関心のあるエリアを指定してください。

ご質問、ご意見:

オプションを選択する必要があります。

よろしくお願い申し上げます。リクエストを受け付けました。