SanDiskロゴ

失敗しないマイクロSDカードの選び方

容量[コンテンツを存分に楽しむなら]

最新のスマホには、もはや64GB以上が当たり前!

  • 4K動画やハイレゾ音源の楽曲など、スマホやタブレットはますます高性能化が進み、大容量のファイルで内蔵メモリーはあっという間にいっぱいになります。豊富なコンテンツを思う存分楽しむなら、64GB以上のマイクロSDカードがおすすめです。

    [ファイルサイズ比較]

    ファイルサイズ比較

  • メモリーカード選びの容量目安表

スピード[スマホをさくさく使うなら]

スピードに注目!速いカードにすると、スマホの快適度がアップ!

スマホやタブレットのパフォーマンスは、マイクロSDカードの「最大転送速度」で変わります。「最大転送速度」は、カードにデータを書込んだり、カードから読取ったりするときに重要なスピード。このスピードが速いほど、スマホがサクサク快適に使えます。超高速なサンディスクの「エクストリーム」と「スタンダード」で、どれだけスマホの操作に違いが出るか見てみましょう。

  • Case1 例えば、写真のサムネイル表示

    保存した写真や動画のサムネイルがなかなか表示されずに、イライラしたことはありませんか?そこで重要になるのが、マイクロSDカードの「最大読取り転送速度」。このスピードが速いと、サムネイル表示が速くなります。

    写真1,500枚(合計12GB)をサムネイル表示シた場合

    *Galaxy S7 edgeでのサンディスク社内テストに基づく。ホスト機器の種類や状態、ファイルサイズや解像度、サムネイルサイズなどによって表示時間は異なります。

  • Case2 例えば、動画録画のタイムラグ

    スマホで連続して動画録画する際、次の動画を録画するまでに前の動画データの書込み待ち時間が生じます。マイクロSDカードの「最大書込み転送速度」が速いと、この時間を短縮でき、録画したいシーンの撮り逃しを防ぎます。

    5分の4K動画(約1.7GB)を録画

    *Galaxy S7 edgeでのサンディスク社内テストに基づく。

  • Case3 例えば、データのバックアップ

    スマホの内蔵メモリーがいっぱいになると、スマホのパフォーマンスが低下します。そうなる前に、マイクロSDカードへデータの移動が必要です。カードの「最大書込み転送速度」が速いと、データの移し替えにかかる時間が短縮できて快適に。スマホのパフォーマンスも上がり、サクサク動くようになります。

    3.2GBの動画をバックアップ

    *Galaxy S7 edgeでのサンディスク社内テストに基づく。

    最近のスマホでは、4K動画の撮影やハイレゾ音源の再生も可能。カードの最大書込み転送速度が速いと、これらのデータサイズの大きいファイルでも素早くカードへコピーできます。

    1.54GBのハイレゾ音源をカードに移動

    *Galaxy S7 edgeでのサンディスク社内テストに基づく。Galaxyに入っている標準アプリ「マイファイル」を使って、内蔵メモリーからマイクロSDへフォルダーごとコピー。

  • 4K動画を撮るなら、UHSスピードクラス3以上が安心!

    スピード対応表

    ※1 非UHS対応機器を使用した場合のスピード指標 ※2 UHS対応機器を使用した場合のスピード指標  ※3 ビデオスピードクラス対応機器を使用した場合のスピード指標 *同じクラス表示のカードでも、最大転送速度はカードによって異なります。 *実際に必要なスピードクラスは、ホスト機器の仕様書をご覧ください。

    ビデオスピードクラスとは

    従来の「スピードクラス」「UHSスピードクラス」領域をカバーし、次世代の大容量メモリーと、高精細高画質動画撮影のための規格です。

    4K動画には、V30やUHSスピードクラス3に対応の「サンディスクエクストリームシリーズ」が最適!

耐久性[大切なデータを守るなら]

防水性をはじめ、マイクロSDカードの耐久性をチェックしよう!

たとえスマホが壊れても、記録したマイクロSDカードが丈夫なら、データは残ります。日常でもスマホを水に落としたり、カード自体を洗濯機で洗ってしまうなど、危険なシーンがいっぱい。スマホがこれだけ身近になったいま、マイクロSDカードの「耐久性」は、大切なデータを守るうえで欠かせないポイントと言えます。
※モバイル端末本体の防水は、機種の仕様により異なります。

  • 防水、耐温度、耐衝撃、耐X線

  • 耐振動、耐磁性

    サンディスクのカードは、空港のX線検査の影響を受けないから旅行も安心!

信頼性[失敗しないマイクロSDカードを選ぶなら]

シェアが高く、信頼性が評価されているブランドを選ぼう!

  • マイクロSDカード選びでは、スペックはもちろんブランドも重要です。世界で売れているブランドほど、多くのホスト機器メーカーが動作確認テストを行うため、結果的に信頼性の向上につながります。値段だけではなく、性能が評価されて売れているブランドの中から、信頼の1枚を選びましょう。

    円グラフ

    サンディスクは、メモリーカードシェアNo.1!*しかもすべてのカードが長期保証!**

    *全国有力家電量販店の販売実績を集計/GfK Japan調べ (2015年メモリーカード、メーカー別金額シェア)**データ内容は保証対象外です。保証期間については、当社Webをご参照ください。
    http://www.sandisk.co.jp/Corporate/warranty/

  • サンディスクは、ウエスタンデジタルコーポレーションのブランドに!その技術は、三重県四日市市から世界へ。

    サンディスクは2016年5月に、ウエスタンデジタルのブランドになりました。ウエスタンデジタルは、三重県四日市市において、世界最大規模のフラッシュメモリー工場を稼働しています。三重県四日市市の工場この日本製のフラッシュメモリーチップを上海にある最新鋭の工場で製品化し、毎日200万個のフラッシュメモリー製品を世界中に出荷しています。サンディスクは、メモリーカードのシェアNo.1ブランドとしてこれからも信頼性の高い製品をお届けしていきます。

    *メモリーカードシェアNo.1:全国有力家電量販店の販売実績を集計/GfK Japan調べ(2015年メモリーカード、メーカー別数量・金額シェア)

楽しみ方

  • 今までなかった楽しみ方をかなえる!ますます広がるマイクロSDカードの使い道

    いま、ウェアラブルカメラやアクションカメラといった新しいジャンルのカメラが注目されています。これらのカメラの記録メディアは、小型で軽量なマイクロSDカードが主流。ハイスペックなアクションカメラの性能をフルに発揮した動画を撮影するには、それに応じた大容量、かつPCへの転送速度も速い高性能なマイクロSDカードが必要です。

    サンディスクなら、ドライブレコーダーや防犯カメラ向けの高耐久カードも!

  • スマホ以外のデバイスでも、マイクロSDカードが大活躍!

パッケージの見方

まずは「容量」「スピード」「耐久性」「信頼性」をチェックしよう!

パッケージに書かれている情報をよく見て、失敗しないカード選びを!

パッケージの見方詳細

マイクロSDカード製品ラインナップ

※店舗によってはお取り扱いのない製品もございます。 詳しくはhttp://www.sandisk.co.jp/productsをご確認ください。

●最高転送速度は、サンディスク社内テストの結果に基づきます。ご使用のホスト機器によって読取り/書込みの速度は異なる場合があります。1メガバイト(MB)=100万バイト。●1ギガバイト(GB)=10億バイト。記載された容量の一部はフォーマットおよびその他の機能に使用されるため、すべての容量をデータ保存のために使用することはできません。●4K動画(4096×2160)、フルHD動画(1920×1080)、HD動画(1280×720)、3D動画のサポートについてはご使用の機器、ファイルサイズ、解像度、圧縮率、ビットレート、撮影内容、その他の状況に依存します。●SanDisk、SanDiskロゴ、SanDisk Extreme PRO、SanDisk Extreme、SanDisk Ultra PLUS、およびRescuePROは、米国およびその他の国におけるWestern Digital Corporationまたはその関連会社の商標です。 SD、SDHC、SDXC、microSD、microSDHC、microSDXCのマークおよびロゴはSD-3C,LLCの商標です。その他の商標も特定の目的のためのみに使用されるものであり、各権利者によって商標登録されている可能性があります。

© 2017 Western Digital Corporation or its affiliates. All rights reserved.

TOP