Akash Das

Akash Das

サンディスク エクストリームチームのメンバー

Akashendu Dasは、インド広告業界のパイオニアと言える人物です。一般にはAkash Dasという名前で知られ、ビジュアル・コミュニケーション・アートとフォトグラフィー・アートのパイオニアとして一流の賞を数多く獲得してきました。

Ernst & Young for Asian Photographyの2013-14年度「フォト業界で最も影響力のある10人」の1人にも選ばれました。Akashは、「In Search of Asian Nudes(アジアン・ヌードを探して)」という白黒の作品が、世界でこの種の作品としては初めてLimca Book of World Recordsに掲載されている、唯一のフォトグラファーです。また、2008年から2015年にはCanon Pro Panelist & Mentorを務めていましたが、2016年からはNikon Professional Servicesの特別会員となりました。

国際的に高く評価されているAkash Dasは、これまでにパリ、マイアミ、ハンブルク、モンテビデオ、インドで10回以上個展を開いています。作品は、National Geographic、Time誌、Polo De Pari(フランス語)、La MODE(フランス語)などに発表されています。既に大型豪華本も4冊発行され、人気を博しています。『In Search of Asian Nudes(アジアン・ヌードを探して)』、『Hundred Wonders of Uttar Pradesh(ウッタルプラデシ百景)』、『Celebrating Manipur(マニプールの祝福)』、『Vanishing Wilds(消えゆく野生)』、そして『Faune en Inde(インドの野生動物)』(フランス語)です。

現在のクライアント:National Geographic、Incredible India、WWF、BBC London、Nikon、Canon、SanDisk、Mercedes Benz、Gap、Suzuki、Hyundai、Honda、ONGC International、Casio、Seiko、Apollo、China tourism、Jaypee Hotels、Radisson Hotels、Denver、GIVO、Bonjour、ITC、Fiama De Wills、マニプール地方政府、シッキム地方政府、UP政府、Mayur Suiting、Cox & Kings、SSBなど。