Lars Schwellnus

 

 

 

Lars Schwellnus

サンディスク エクストリームチームのメンバー

Lars Schwellnusはビデオカメラマンであり、ドイツのプロダクションカンパニー、ab der film(www.abderfilm.de)の撮影監督でもあります。彼はZDF、WDR、VoxなどのドイツのTV局でドキュメンタリー番組や報道番組を撮影するとともに、Smart、Mercedes Benz、Electronic Arts(EA)、Kaufhof and Havanna Clubなどのクライアント向けにコーポレートビデオやイメージビデオを制作しています。

Larsは1997年に見習いカメラアシスタントとしてキャリアをスタートさせ、自分の経験を多くの視聴者と共有したいという情熱を燃やしながら、映画の撮り方、監督や編集の仕方を学んでいきました。

LarsはCanon C300、Canon EOS 5D、Blackmagic Designカメラ、ARRI ALEXA XT、ARRI AMIRAなど、プロジェクトによって様々なカメラシステムを使い分けていますが、仕事ではサンディスク エクストリーム プロ コンパクトフラッシュ、SDとCFast 2.0カードしか使用しません。

「ビデオ制作にはスピードが求められます。サンディスク エクストリーム プロ メモリカードには、私の必要とするスピードで放送に耐えうる品質の映像を記録することができ、撮影を中断せずに続けられる容量があり、さらに撮影したものすべてが必要な時に必要な場所にあるという信頼感があります。」

 

 

ビデオギャラリー

サンディスク エクストリーム チームメンバーが、サンディスク製デバイスを使用した体験を語ります

サンディスク エクストリームチームと会う

チームメンバーのページを表示するには、サムネイルをクリックしてください。

レジェンド

自然と野生

ランドスケープ

プロビデオ

スポーツ

ウェディング

鉄道

ファッション

フォトジャーナリズムおよびトラベル