Richard Finn Gregory

 

 

 

Richard Finn Gregory

Richard Finn Gregory

サンディスク エクストリーム・チームのメンバー

Richard Finn Gregory(www.finngregory.com)は、南アフリカのケープタウンに拠点を置く、受賞歴のあるドキュメンタリー監督、撮影監督です。2000年、彼は、 好景気のフィクション映画業界で、スタントマンとして映画界でのキャリアを開始。 彼は、南アフリカに戻るまで数年間東京に住んでいました。  南アフリカ で起こった変化を見た彼は、ドキュメンタリー映画の制作に再び強い情熱を感じるようになりました。彼の作品の多くは、発展途上国の社会問題や環境問題に焦点を当てています。 これは、アジア、アフリカ、南米、ヨーロッパでのプロジェクトにつながり、ノーベル賞受賞者、国家元首、普通の人々の驚くべき人生などを撮影してきました。彼は、プライベートのセッティングでネルソン・マンデラを撮影した最後の人でした。

Richardは、バルセロナで映画学校に入学し、映画の修士号を取得。ドキュメンタリー映画、テレビ、写真撮影を専門とする、The Good Work Picture Company(www.goodworkpictures.com)の創設者です。彼の 2番目のドキュメンタリー映画、『The Boers at the End of  the World』は、パタゴニアで撮影され、2015年にリリースされます。 

彼は、サンディスク エクストリーム プロメモリーカードとSSDのみを使用します。「ドキュメンタリー映画では、2回目の撮影はあり得ません。なので、ストレージメディアの 信頼性 が非常に重要です」

 

 

ビデオギャラリー

サンディスク エクストリーム チームメンバーが、サンディスク製デバイスを使用した体験を語ります

サンディスク エクストリームチームと会う

チームメンバーのページを表示するには、サムネイルをクリックしてください。

レジェンド

自然と野生

ランドスケープ

プロビデオ

スポーツ

ウェディング

鉄道

ファッション

フォトジャーナリズムおよびトラベル