Future Proof Storage Summit

「 フューチャー プルーフ ストレージ サミット ではサンディスク®の業界におけるリーダーシップと中国国内のその他の業界への影響力を示すものです」、とモバイルとコネクテッドソリューションの戦略マーケティング部門シニアディレクター、Rafael Feitelberg氏は述べています。中国の深圳で開催されたイベントには、アジア市場で急成長中の主だった業界リーダーたちとその顧客が集まりました。

サンディスクのエグゼクティブとテクノロジー パートナー — Rockchip社とMediaTek社 — がタブレット、スマートフォン、PCなどのコネクテッドデバイスのこれからについてビジョンを共有します。

FPSSイベントでは、デバイスシステムに関するディスカッション、エグゼクティブによるプレゼンテーション、エコシステム パートナー企業(Intel、 Microsoft、Qualcomm、NVIDIA)のエグゼクティブを囲んだディスカッションが開催されます。

TECHnalysis Research社の創立者でチーフアナリストの(サミットのプレゼンターでもある)Bob O’Donnellは 次のように述べています。 「最新デバイスの性能を向上させている最も重要な開発技術はデバイス内部のプロセッサではなく、ストレージおよびストレージと組み込みデバイスシステムとの相互作用です。」

サンディスクの第3回年次フューチャー プルーフ ストレージ サミットではフラッシュメモリー ストレージに話題が集中

フューチャー プルーフ ストレージ ロゴ

より快適でより豊かなコネクテッド ユーザーエクスペリエンスが求められている現在、モバイル市場ではレスポンシブで信頼性の高いストレージとしてフラッシュメモリー技術が採用されることが多くなっています。SVP兼モバイル&コネクテッドソリューションGMのDrew Henryは、2014年8月26日に中国の深圳で開催されたサンディスクの第3回年次フューチャー プルーフ ストレージ エクスクルーシブ カンファレンスで300人の参加者の前で次のように語りました。

同年のイベントには、HuaweiXiaomiLenovoそしてZTEなど、90社を超えるアジア地域のモバイル、タブレット、コンシューマー機器企業と製造企業のエグゼクティブたちが集結しました。

モバイル エコシステムのリーディング企業、Allwinner、HiSilicon、Intel、MediTrek、Microsoft、NVIDIA、Qualcomm、RockChipなども上級役員が参加し、サンディスクとの密接な連携と緊密な技術統合を強調しました。

FPSSでのDrew Henryの発現6つのプレゼンテーションと2つのパネルディスカッションでは、新技術、アプリケーション、フラッシュストレージの進化や、今日のモバイルコネクテッド世界を形作っている市場のトレンドとその将来について話し合われました。

「新しいサンディスク X3 ストレージソリューションとエコシステム パートナーの製品を統合するため緊密に連携することで、私たち製造業者はユーザーの求める大容量とアプリケーションパフォーマンスを備えたスマートフォン、タブレット、その他の革新的なデバイスをマスマーケットに供給することが可能になります。」Henryは基調講演でこのように述べています。次世代のストレージ、スマートフォン、タブレット、そして新しいデバイスをデザインする。

Drew Henry以外のサンディスクの参加者:

  • Christopher Bergey、VP & GM、モバイル&タブレット部門
  • Rafael Feitelberg、戦略マーケティング部門シニアディレクター、MCS
  • Avi Klein、シニアプリンシパル デバイスエンジニア
  • Henri Richard、国際営業およびサポート担当シニアバイスプレジデント
  • Gary Wang、委託販売およびサポートVP – アジア地域担当
  • Jesse Z. Zhang、アジア地域エンタープライズセールス担当VP

また、カンファレンスではTECHnalysis Research社の創立者でチーフアナリストのBob O'Donnell氏など、他業種の今後の方向性を示すリーダーたちのプレゼンテーションも行われました。O'Donnel氏のモビリティの将来 と題したプレゼンテーションにおいて同氏は、「デバイスストレージはデータ、パスワード、お気に入り情報などのデバイスとサービスをまたがって共有される携帯デジタル情報管理にとってさらに重要になるでしょう」と述べました。

サンディスクは2つのライブデモンストレーションを行って最新のストレージ技術を展示しました。:先ず、iNAND® 3120の X3 パフォーマンス vs X2ベースのオプション、次に、iNAND® 7030の特別なユーザーエクスペリエンスとパフォーマンス アドバンテージを展示しました。

サンディスク、モバイルとコネクテッドソリューションの戦略マーケティング部門のシニアディレクターのRafael Feitelbergは、「今年は2013年の参加者を100人以上は上回っています」と述べています。「カンファレンス後の調査によると、90%以上が来年も参加したいとしており、85%以上がサンディスクの製品と技術に興味を持っており詳しく知りたいと考えていることがわかりました。」

第2回年次フューチャー プルーフ ストレージ サミット2013には主な業界リーダーが集結します

フューチャー プルーフ ストレージ ロゴ

2013年8月28日、中国の深圳で第1回フューチャー プルーフ ストレージ年次セミナーが開催されました。セミナーではBroadcom、Intel、Konka、Laoyaoba、Marvell、Meitu、Qualcomm、そしてRockchipなどの業界リーダーたちの貴重な意見を聴くことができました。ディスカッションとセッションでは、インテリジェント ストレージソリューションが現在と将来の製品にどのように役立つか、そしてどうすれば素晴らしいカスタマーエクスペリエンスを提供することができるかが話題の中心になりました。

イベントには200人を超える参加者が集まり、最新の成長エンジン、未来のテクノロジー、規格そして新しいアプリケーションを発見し、学習し、情報を交換しました。

基調講演スピーカー

  • Drew Henry、シニア バイスプレジデント& ゼネラルマネジャー、モバイル&コネクテッド ソリューション部門

SanDisk ロゴ

  • Neil Mawston、ワイヤレス デバイス戦略部門エグゼクティブ ディレクター、Strategy Analytics

Strategy Analytics社ロゴ

  • Luis Pineda、シニア バイスプレジデント、コンピューティング&コンシューマー製品部門、Qualcomm Technologies Inc.

Qualcomm社ロゴ

サンディスク テクノロジー セッション スピーカー

  • Eyal Bek(エンタープライズとCSS)
  • Fadi Afa Al-Refaee(コネクテッドホーム)
  • Avi Klein(未来を見据えたテクノロジー)

主要パネリスト:

  • Konka、マルチメディア グローバルR&Dセンター、バイスプレジデント、Yi Haibo
  • Laoyaoba、シニア ブロガー兼China Mobile Alliance事務局長、Laoyao
  • Qualcomm Technologies Inc.、製品管理部門、Sr. ディレクター、Ali Mesri
  • Meitu、テクノロジーVP、Mitta Zhang
  • Broadcom、セールス部門シニアディレクター、Jason Qian
  • Intel、シニア製品マネージャー、Henry Zhang
  • Marvell、シニア製品マーケティング マネージャー、Wei Wu
  • Rockchip、マーケティング ディレクター、Oliver Miao

サンディスクとQualcomm

スマートフォンでUltra HDを有効にする

サンディスクとQualcommが協力して、スマートフォンからUltraHD (4K) ビデオレコーディングと再生を行う様子をご覧ください。

OEMデザインに関するお問い合わせ

基本的な質問でも、組織のニーズに合わせたサンディスクソリューションの検討でも、サンディスクの販売チームがお手伝いいたします。

電子メール

お気軽にお問い合わせください。担当者がご質問にお答えいたします。

グローバル
お問い合わせ

世界各地のオフィスの連絡先情報を検索してください。

OEMデザインに関するお問い合わせ

基本的な質問でも、組織のニーズに合わせたサンディスクソリューションの検討でも、サンディスクの販売チームがお手伝いいたします。

サポート担当者が、質問にお答えさせていただきます、お問い合わせいただくには、下のフォームに情報を入力してください。販売チームと早急に話をする必要がある場合は、お電話でご連絡ください。+1-800.578.6007

フィールドを空にしておくことはできません。
フィールドを空にしておくことはできません。
有効な電子メールアドレスを入力してください。
フィールドには数字のみを含めてください。
フィールドを空にしておくことはできません。

関心のあるエリアを指定してください。

ご質問、ご意見:

オプションを選択する必要があります。

よろしくお願い申し上げます。リクエストを受け付けました!